お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-06-21 11:10
HARQ に基づくQ 学習を用いたLTE-LAAの干渉制御
和田健史郎大槻知明慶大RCS2019-91
抄録 (和) 高速大容量通信の手段として,LTE 通信の広帯域化が考えられている.
しかし,現在使用しているライセンス帯域に加えてアンライセンス帯域を使用するためには,同じくアンライセンス帯域を使用している Wi-Fi との干渉制御が必要となる.
LTE-LAA(LTE-Licensed Assisted Access) 干渉制御の技術として LBT(Listen Before Talk) が考えられている.しかし,LTE-LAA のチャネル占有時間 ($TXOP$) は Wi-Fi に比べて長いため,Wi-Fi のチャネルアクセスが妨げられる問題がある.
その解決策として,LTE-LAA のTXOP を小さくし,送信を延期させる待機時間 $T_{mute}$ を設け,Wi-Fi にチャネルアクセスの機会を増やすことが考えられている.
本稿では,この $TXOP$ と $T_{mute}$ をQ 学習を用いて選択する干渉制御法を提案する.
提案法では,報酬として HARQ (Hybrid Automatic Repeat Request) における ACK 数と NACK 数をそれぞれ重み付けした値を用いる.
これによって,ACK または NACK を増やすようにLTE-LAA 基地局の $TXOP$, $T_{mute}$ の学習値を得られる.
このとき,ACK 数を増やすように学習した場合は LTE-LAA のスループットは高く,Wi-Fi のスループットは低く制御でき,NACK 数を増やすように学習した場合は LTE-LAA のスループットは低く,Wi-Fi のスループットは高く制御できることを確認した. 
(英) As a means of high-speed and large-capacity communication, broadbandization of LTE communication is considered.
However, in addition to the currently used license band, in order to use the unlicensed bandwidth, interference control with Wi-Fi that also uses the unlicensed bandwidth is required.
A technique called LBT (Listen Before Talk) is considered as a technique of LTE-LAA (LTE-Licensed Assisted Access) interference control.
However, since the channel occupation time (TXOP) of LTE-LAA is larger than that of Wi-Fi, there is a problem that Wi-Fi channel access is hindered.
As a solution to this problem, it is considered to increase the chances of channel access to Wi-Fi by establishing a waiting time of $T_{mute}$ to reduce TXOP of LTE-LAA and postpone transmission.
In this report we propose to select this TXOP and $T_{mute}$ using Q-learning.
In the proposed method, the number of ACKs and that of NACKs in HARQ are used as rewards.
The base station (BS) retransmits according to the number of ACKs / NACKs.
In the reward, learning values of TXOP, $T_{mute}$ of the LTE-LAA BS can be obtained so as to increase the ACK or NACK by using the value weighted to the number of ACKs and that of NACKs, respectively.
When it is learned to increase the number of ACKs, the throughput of LTE-LAA becomes high, while that of Wi-Fi becomes low, and when it is learned to increase the number of NACKs, the throughput of LTE-LAA becomes low and that of Wi-Fi becomes high.
キーワード (和) LTE-LAA / Wi-Fi / Q-Learning / HARQ / / / /  
(英) / / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 90, RCS2019-91, pp. 315-320, 2019年6月.
資料番号 RCS2019-91 
発行日 2019-06-12 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2019-91

研究会情報
研究会 RCS  
開催期間 2019-06-19 - 2019-06-21 
開催地(和) 宮古島 平良港ターミナルビル 
開催地(英) Miyakojima Hirara Port Terminal Building 
テーマ(和) 初めての研究会,リソース制御,スケジューリング,無線通信一般 
テーマ(英) First Presentation in IEICE Technical Committee, Resource Control, Scheduling, Wireless Communications, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2019-06-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) HARQ に基づくQ 学習を用いたLTE-LAAの干渉制御 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Interference Control of LTE-LAA using Q-learning with HARQ 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) LTE-LAA /  
キーワード(2)(和/英) Wi-Fi /  
キーワード(3)(和/英) Q-Learning /  
キーワード(4)(和/英) HARQ /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 和田 健史郎 / Kenshiro Wada / ワダ ケンシロウ
第1著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 大槻 知明 / Tomoaki Ohtsuki / オオツキ トモアキ
第2著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-06-21 11:10:00 
発表時間 10 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2019-91 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.90 
ページ範囲 pp.315-320 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2019-06-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会