電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-06-21 10:55
[奨励講演]リアルオブジェクト指向モデルを用いたIoT/M2Mアプリケーションの開発と評価
鈴木裕幸小山明夫山形大
抄録 (和) 現在,IoT/M2Mアプリケーションが開発・利用される中,開発モデルは特定サービスで利用可能な垂直型モデルが主流である.このモデルでは,開発済みの機能を新サービスにそのまま組み込むことは困難であり,再開発が必要となる.一方,水平型モデルは,特定サービス以外でも利用でき,一度開発した機能を再利用可能であるため開発効率が高い.我々は以前,水平型モデルのリアルオブジェクト指向モデルを用い,通信等の共通機能を意識せずにアプリケーション開発可能な手法を提案した.本稿では,垂直型モデル,水平型モデル,提案手法を用いて開発した防犯アプリ,体調管理アプリのソースコード数と開発時間を比較し検証した.その結果,1度目のアプリケーション開発よりも2度目のアプリケーション開発でより高い有効性を確認した. 
(英) Currently, although IoT / M2M applications are developed and used, the development model is mainly a vertical type model that is used for specific services. This model is difficult to incorporate already developed functions into new services, and requires redevelopment. Meanwhile, a horizontal type model can be used even except the specific services, and development efficiency is high because once developed functions can be reused. We have previously proposed a development method for application development that uses a Real Object Oriented Model of a horizontal model without being aware of common functions such as communication. In this paper, we compared and verified the number of source code and development time for a crime prevention application and a physical condition management application that developed by using the vertical type model, the horizontal type model and the proposed method. As a result, we confirmed that the second application development was more effective than the first application development.
キーワード (和) Internet of Thins / IoT / M2M / アプリケーション開発期間短縮 / リアルオブジェクト指向モデル / ミドルウェア / /  
(英) Internet of Thins / IoT / M2M / Reducing of application development period / Real Object Oriented Model / Middleware / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 92, NS2019-36, pp. 5-10, 2019年6月.
資料番号 NS2019-36 
発行日 2019-06-13 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 OCS PN NS  
開催期間 2019-06-20 - 2019-06-21 
開催地(和) MALIOS(盛岡) 
開催地(英) MALIOS(Morioka) 
テーマ(和) フォトニックネットワーク・システム,光ネットワーク運用管理,光ネットワーク設計,トラヒックエンジニアリング,シグナリング,GMPLS,ドメイン間経路制御,ネットワーク監視,光増幅器・光中継装置,光/電気クロスコネクト・OADM,光/電気多重・分離,光送受信機,光端局装置,ディジタル信号処理・誤り訂正,光通信計測,データコム用光通信機器,コア・メトロシステム,海底伝送システム,光アクセスシステム・次世代PON,イーサネット,光伝達網(OTN),伝送監視制御,光伝送システム設計・ツール,モバイル光連携,一般 
テーマ(英) Photonic network system, Optical network operation and administration, Optical network design, Traffic engineering, Signaling, GMPLS, Inter-domain route control, Network monitoring, Optical amplifier and Optical repeater, Optical crossconect (OXC) and Optical add/drop multiplexer (OADM), Optical multiplexing/demultiplexing equipment, Optical signal processing, Optical terminal equipment, Digital signal processing and error correction, Optical communication measurement, Core/metro system, Seafloor transmission system, Optical access system and NG-PON, Ethernet, Optical transport network (OTN), Transmission monitoring and control, Optical transmission system design and tool, Mobile and Mobile-optical cooperation, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2019-06-OCS-PN-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) リアルオブジェクト指向モデルを用いたIoT/M2Mアプリケーションの開発と評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Development and Evaluation of IoT/M2M Application Using Real Object Oriented Model 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Internet of Thins / Internet of Thins  
キーワード(2)(和/英) IoT / IoT  
キーワード(3)(和/英) M2M / M2M  
キーワード(4)(和/英) アプリケーション開発期間短縮 / Reducing of application development period  
キーワード(5)(和/英) リアルオブジェクト指向モデル / Real Object Oriented Model  
キーワード(6)(和/英) ミドルウェア / Middleware  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 裕幸 / Hiroyuki Suzuki / スズキ ヒロユキ
第1著者 所属(和/英) 山形大学 (略称: 山形大)
Yamagata University (略称: Yamagata Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小山 明夫 / Akio Koyama / コヤマ アキオ
第2著者 所属(和/英) 山形大学 (略称: 山形大)
Yamagata University (略称: Yamagata Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-06-21 10:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2019-36 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.92 
ページ範囲 pp.5-10 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2019-06-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会