電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-06-21 13:10
表整理技術を用いたコールセンター疑似対話データからのフローチャート作成
村田真樹守 優太朗鳥取大)・小山一人ダットジャパン
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本研究では, 情報抽出の技術を利用し, コールセンター業務支援となるチャットボットへの応用に役立つようなフローチャートの作成手法を提案した. 提案手法では, 対話データから文を抽出, クラスタリングを行い情報を整理した表を自動で作成した後人手で修正し, その修正した表からフローチャートを作成する. 自動作成した表の性能を調べたところ, 0.5から0.7のF値であった. 対話データからフローチャートを直接人手で作成する場合と, 自動で作成した表を人手で修正してフローチャートを作成する場合で作業時間を比較したところ, 対話データからフローチャートを直接人手で作成する方が作業時間が短かった. 今後改良を試みたい. 人手で修正した表からフローチャートを自動で作成する研究も試みた. 
(英) In this research, we proposed a method of creating a flowchart that is useful for application to chat bots by using information extraction. In the proposed method, sentences extracted from dialogue data are clustered, a table that arranges information is automatically created, and a flowchart is manually created from the manually corrected table. When the performance of the automatically created table was examined, the F measures were 0.5 to 0.7. We compared the working time between the case when a flowchart is created manually from the dialogue data, and the case when an automatically created table is manually modified and a flowchart is manually created from the modified table It is more manual job to create the flowchart directly from dialogue data. The time was short. It took less time to manually create a flowchart directly from dialogue data. We will try to improve our method in the future. e also tried to create a flowchart automatically from a manually corrected table.
キーワード (和) コールセンター / フローチャート / チャットボット / クラスタリング / 表整理技術 / / /  
(英) call center / flowchart / chat bot / clustering / tabulation technology / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 98, NLC2019-1, pp. 1-6, 2019年6月.
資料番号 NLC2019-1 
発行日 2019-06-14 (NLC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NLC IPSJ-ICS  
開催期間 2019-06-21 - 2019-06-22 
開催地(和) 広島経済大学 立町キャンパス 
開催地(英) Hiroshima University of Economics (Tatemachi Campus) 
テーマ(和) 言語処理・知能システムの社会応用,および一般 
テーマ(英) Application of natural language processing and intelligent systems, and general topic of NLP 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLC 
会議コード 2019-06-NLC-ICS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 表整理技術を用いたコールセンター疑似対話データからのフローチャート作成 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Flowchart creation from call center pseudo-interactive data using tabulation technology 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) コールセンター / call center  
キーワード(2)(和/英) フローチャート / flowchart  
キーワード(3)(和/英) チャットボット / chat bot  
キーワード(4)(和/英) クラスタリング / clustering  
キーワード(5)(和/英) 表整理技術 / tabulation technology  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 村田 真樹 / Masaki Murata / ムラタ マサキ
第1著者 所属(和/英) 鳥取大学 (略称: 鳥取大)
Tottori University (略称: Tottori Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 守 優太朗 / Yutaro Mori / モリ ユウタロウ
第2著者 所属(和/英) 鳥取大学 (略称: 鳥取大)
Tottori University (略称: Tottori Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 小山 一人 / Kazuhito Koyama / コヤマ カズヒト
第3著者 所属(和/英) ダットジャパン株式会社 (略称: ダットジャパン)
DATT JAPAN Incorporated (略称: DATT JAPAN Inc.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-06-21 13:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NLC 
資料番号 IEICE-NLC2019-1 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.98 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NLC-2019-06-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会