お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-06-20 11:30
分散アンテナシステムにおけるRound-Robinスケジューリングを用いたユーザ割り当て
大津留 豪眞田幸俊慶大RCS2019-74
抄録 (和) 第5世代移動体通信のキーテクノロジーの1つに分散アンテナシステム(Distributed Antenna System:DAS)がある.DASにおいては,アンテナ間が狭いほどスペクトル効率が悪化する.Round-Robin(RR)スケジューリングは計算の複雑性とスペクトル効率のバランスが取れたスケジューリング方式である.本稿ではRRスケジューリングのUE(User Equipment)割り当て方式を提案する.提案方式は,計算量が少なくて済むように前もって決定された割り当てシーケンスの位相のみを決定する.4つの異なる位相選択規範を本稿では比較する.計算機シミュレーションよる数値計算結果から,最大推定スループットが得られる位相を選択し続ける最大選択規範が全探索に最も近いスループットを達成することを示した.シングルユーザRRスケジューリングでは,UE数が10付近のときに最も高いスループットが得られ,2ユーザRRスケジューリングでは,UE数が多いほどスループットが減少することも示した. 
(英) One of key technologies in the fifth generation mobile communications is a distributed antenna system (DAS). In the DAS inter-user interference effects on its spectrum efficiency as distributed antennas are located closely. Round-robin (RR) scheduling is known as a scheme that achieves a trade-off between computational complexity and spectrum efficiency. In this research user equipment (UE) allocation scheme for RR scheduling are proposed. The proposed scheme determines the phases of UE allocation sequence that is pre-determined for low complexity. Four different phase selection criteria are compared in this paper. Numerical results obtained through computer simulation have shown that maximum selection that sequentially searches the phase with the maximum tentative throughput realizes the best spectrum efficiency next to full search. In single-user RR scheduling, the proposed scheme achieves the largest throughput when the number of UEs are around 10 while the throughput decreases as the number of UEs increases in 2-user RR scheduling.
キーワード (和) 分散アンテナ / Round-Robinスケジューリング / / / / / /  
(英) Distributed Antenna System / Round-Robin Scheduling / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 90, RCS2019-74, pp. 227-232, 2019年6月.
資料番号 RCS2019-74 
発行日 2019-06-12 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2019-74

研究会情報
研究会 RCS  
開催期間 2019-06-19 - 2019-06-21 
開催地(和) 宮古島 平良港ターミナルビル 
開催地(英) Miyakojima Hirara Port Terminal Building 
テーマ(和) 初めての研究会,リソース制御,スケジューリング,無線通信一般 
テーマ(英) First Presentation in IEICE Technical Committee, Resource Control, Scheduling, Wireless Communications, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2019-06-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 分散アンテナシステムにおけるRound-Robinスケジューリングを用いたユーザ割り当て 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) User Allocation with Round-Robin Scheduling Sequence for Distributed Antenna System 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 分散アンテナ / Distributed Antenna System  
キーワード(2)(和/英) Round-Robinスケジューリング / Round-Robin Scheduling  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大津留 豪 / Go Otsuru / オオツル ゴウ
第1著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 眞田 幸俊 / Yukitoshi Sanada / サナダ ユキトシ
第2著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-06-20 11:30:00 
発表時間 10 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2019-74 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.90 
ページ範囲 pp.227-232 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2019-06-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会