電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-06-20 16:50
[招待講演]自動運転時代の車載光イーサネットネット ~ 最新技術と標準化動向 ~
各務 学名工大)・河崎朱里山下達弥豊田中研
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 自動運転の高度化に伴い、車両内で扱うデータ量が急増している。特にセンサ信号やドメイン間のバックボーンでは、高速で高信頼性が要求されるため車載イーサネットと呼ばれる通信プロトコルが有望視されており、関連する技術開発と国際標準化が活発化している。車載イーサネットはリアルタイム性と冗長性を格段に高めたプロトコルであり、汎用的な物理層上で最新のデジタル信号処理技術を用いて低コストで高信頼なネットワークを実現している。通信媒体としてはシールド無し銅線、シールド付き銅線、および光ファイバが検討されており、現在までにそれぞれ50Gb/sの高速通信規格がIEEE802.3委員会において審議に入った。講演ではこれらの最新技術と規格動向について紹介するとともに、著者らが構築した車載光通信システムシミュレータを紹介する。 
(英) With the advancement of automatic driving, the amount of data handled in vehicles is rapidly increasing. In particular, high-speed and high-reliability are required for sensor signals and the inter-domain backbone, and a communication protocol called in-vehicle Ethernet is considered promising, and related technology development and international standardization are activated. In-vehicle Ethernet is a protocol that has greatly enhanced real-time performance and redundancy, and realizes low-cost and high-reliability networks using the latest digital signal processing technology on a general-purpose physical layer. As a communication medium, unshielded copper wire, shielded copper wire, and optical fiber are considered, and up to now, high-speed communication standards of 50 Gb / s have been discussed at the IEEE 802.3 committee. In addition to introducing these latest technologies and trends in standards, the lecture will introduce the in-vehicle optical communication system simulator that we have constructed.
キーワード (和) 車載イーサネット / 光ファイバ通信 / 国際標準化 / IEEE802.3 / シミュレーション / マルチモード / IEC/TC86 / ISO/TC22  
(英) Automotive Ethernet / optical fiber / international standardization / IEEE802.3 / simulation / multimode / IEC/TC86 / ISO/TC22  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 OCS PN NS  
開催期間 2019-06-20 - 2019-06-21 
開催地(和) MALIOS(盛岡) 
開催地(英) MALIOS(Morioka) 
テーマ(和) フォトニックネットワーク・システム,光ネットワーク運用管理,光ネットワーク設計,トラヒックエンジニアリング,シグナリング,GMPLS,ドメイン間経路制御,ネットワーク監視,光増幅器・光中継装置,光/電気クロスコネクト・OADM,光/電気多重・分離,光送受信機,光端局装置,ディジタル信号処理・誤り訂正,光通信計測,データコム用光通信機器,コア・メトロシステム,海底伝送システム,光アクセスシステム・次世代PON,イーサネット,光伝達網(OTN),伝送監視制御,光伝送システム設計・ツール,モバイル光連携,一般 
テーマ(英) Photonic network system, Optical network operation and administration, Optical network design, Traffic engineering, Signaling, GMPLS, Inter-domain route control, Network monitoring, Optical amplifier and Optical repeater, Optical crossconect (OXC) and Optical add/drop multiplexer (OADM), Optical multiplexing/demultiplexing equipment, Optical signal processing, Optical terminal equipment, Digital signal processing and error correction, Optical communication measurement, Core/metro system, Seafloor transmission system, Optical access system and NG-PON, Ethernet, Optical transport network (OTN), Transmission monitoring and control, Optical transmission system design and tool, Mobile and Mobile-optical cooperation, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PN 
会議コード 2019-06-OCS-PN-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 自動運転時代の車載光イーサネットネット 
サブタイトル(和) 最新技術と標準化動向 
タイトル(英) Automotive optical Ethernet in the age of autonomous driving 
サブタイトル(英) the latest developments and standardization trend 
キーワード(1)(和/英) 車載イーサネット / Automotive Ethernet  
キーワード(2)(和/英) 光ファイバ通信 / optical fiber  
キーワード(3)(和/英) 国際標準化 / international standardization  
キーワード(4)(和/英) IEEE802.3 / IEEE802.3  
キーワード(5)(和/英) シミュレーション / simulation  
キーワード(6)(和/英) マルチモード / multimode  
キーワード(7)(和/英) IEC/TC86 / IEC/TC86  
キーワード(8)(和/英) ISO/TC22 / ISO/TC22  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 各務 学 / Manabu Kagami / カガミ マナブ
第1著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: NITech)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 河崎 朱里 / Akari Kawasaki / カワサキ アカリ
第2著者 所属(和/英) 豊田中央研究所 (略称: 豊田中研)
Toyota Central R&D Labs. (略称: Toyota CRDL)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山下 達弥 / Tatuya Yamashita / ヤマシタ タツヤ
第3著者 所属(和/英) 豊田中央研究所 (略称: 豊田中研)
Toyota Central R&D Labs. (略称: Toyota CRDL)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-06-20 16:50:00 
発表時間 50 
申込先研究会 PN 
資料番号  
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.94 
ページ範囲  
ページ数 IEICE- 
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会