お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-06-20 09:50
多段判定型早期再送を用いた低遅延ハイブリッドARQ法
谷山顕太郎東京理科大)・岸山祥久NTTドコモ)・樋口健一東京理科大RCS2019-65
抄録 (和) 本稿では,筆者らが先に提案したチャネル復号前情報を用いた低遅延ハイブリッド自動再送要求(HARQ:hybrid automatic repeat request)法について,多段の早期再送判定を行う構成を提案する.低遅延HARQ法は,主にチャネル復号に必要な処理時間に起因して大きくなっていた再送時の伝送遅延時間を,チャネル復号前に得られるチャネル状態情報に基づいた早期再送要求によって軽減することができる.しかしながら,誤った早期再送判定を行ってしまった場合は,不必要な再送が発生しスループットの劣化が起きる.本検討では,不必要な早期再送によるスループットの劣化を軽減するために,観測したチャネル状態に応じて早期再送の有無だけでなく早期再送パケットで伝送される符号化ビット数を可変とする多段判定を用いる.チャネル状態が早期再送を行うかどうかの判断しきい値に近いときは,再送ビット数を少なく設定することにより,結果的に初回伝送パケットの復号が成功した場合の不必要な早期再送によるスループット損を抑えることができる.シミュレーション結果より,提案法は超高品質低遅延通信(URLLC: ultra-reliable low latency communications)の実現に向けて,更に良い伝送遅延時間対スループット特性を達成できることを示す. 
(英) This paper extends our previously reported low latency hybrid automatic repeat request (HARQ) using early retransmission before channel decoding to perform multistage judgement at the early-retransmission decision. The low latency HARQ method can mitigate the increased transmission latency resulting mainly from the delay time required for the channel decoding in HARQ by requesting early retransmission before channel decoding process is completed based on the channel state information obtained before channel decoding. However, the early-retransmission decision may include error, which results in unnecessary retransmission and consequently throughput loss. To address the potential throughput loss due to the decision error in early-retransmission request, we use the multistage decision in which the number of bits conveyed by the early-retransmission packet is controlled dependent on the measured channel state information before channel decoding. By setting the number of retransmit bits small when the observed channel state seems borderline to perform the early retransmission, we can reduce the throughput loss when the early retransmission is not necessary, as the initial packet is eventually channel decoded correctly. Simulation results show that the proposed method further improves the achievable tradeoff between the transmission latency and throughput, which contributes to realize the ultra-reliable low latency communications (URLLC).
キーワード (和) 5G / ハイブリッドARQ / URLLC / 再送 / / / /  
(英) 5G / hybrid ARQ / URLLC / retransmission / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 90, RCS2019-65, pp. 169-174, 2019年6月.
資料番号 RCS2019-65 
発行日 2019-06-12 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2019-65

研究会情報
研究会 RCS  
開催期間 2019-06-19 - 2019-06-21 
開催地(和) 宮古島 平良港ターミナルビル 
開催地(英) Miyakojima Hirara Port Terminal Building 
テーマ(和) 初めての研究会,リソース制御,スケジューリング,無線通信一般 
テーマ(英) First Presentation in IEICE Technical Committee, Resource Control, Scheduling, Wireless Communications, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2019-06-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 多段判定型早期再送を用いた低遅延ハイブリッドARQ法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Low Latency Hybrid ARQ Method Using Early Retransmission Before Channel Decoding with Multistage Decision 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 5G / 5G  
キーワード(2)(和/英) ハイブリッドARQ / hybrid ARQ  
キーワード(3)(和/英) URLLC / URLLC  
キーワード(4)(和/英) 再送 / retransmission  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 谷山 顕太郎 / Kentarou Taniyama / タニヤマ ケンタロウ
第1著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. of Science)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 岸山 祥久 / Yoshihisa Kishiyama / キシヤマ ヨシヒサ
第2著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC. (略称: NTT DOCOMO)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 樋口 健一 / Kenichi Higuchi / ヒグチ ケンイチ
第3著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. of Science)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-06-20 09:50:00 
発表時間 10 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2019-65 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.90 
ページ範囲 pp.169-174 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2019-06-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会