お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-06-20 10:30
IDMAを用いたランダムアクセスにおける再送制御の一検討
社家裕一郎東京理科大)・岸山祥久NTTドコモ)・樋口健一東京理科大RCS2019-69
抄録 (和) 本稿では,第5世代移動通信システムにおける非常に高い同時接続性を有するマシン型通信(mMTC: massive machine-type communications)を実現するためにインタリーバ分割多元接続方式(IDMA: interleave division multiple access)に基づくランダムアクセスに適したパケット再送制御について検討する.ランダムアクセスにおける従来のパケット再送制御としては,時間スロットウインドウを用意して端末ごとにランダムな送信遅延を与えることにより複数の再送パケットが再送時に再度衝突することを確率的に回避する方法が主流である.しかし,この制御では新規パケットと再送パケット間の衝突に関しては積極的な制御を行えていない.提案法は,特に新規パケットと再送パケット間の衝突を低減させることに主眼をおいた2つの特徴をもつ再送制御を従来法に適用する形で実現する.1つ目は,基地局は再送パケット専用の周波数・時間スロットを確率的に用意する点である.もう1つの特徴は,各再送端末が確率的に再送専用に制御された周波数・時間スロットに移動して再送パケットを送信する点である.これにより,新規パケットと再送パケット間の衝突を積極的に許容範囲内に抑えることができる.計算機シミュレーションより提案法の有効性を定量的に示す. 
(英) This paper investigates a packet retransmission scheme appropriate for an interleave division multiple access (IDMA)-based random access in order to support massive machine-type communications (mMTC) in the fifth generation mobile communication system. A conventional major approach to the packet retransmission in the random access-based system is to apply a random retransmission time back-off for each terminal by preparing multiple time-slot window to resolve the packet collision in probabilistic manner. However, a proactive packet-collision avoidance effect between the new packet(s) and retransmission packet(s) is not obtained in this approach. The proposed method is established by introducing two specific features to the conventional packet retransmission method in order to reduce the packet collision between the new packets and retransmission packets. The first feature is that the base station probabilistically prepares the time-frequency slot which is exclusively used for packet retransmission. The second feature is that respective terminals having retransmit packet use the defined time-frequency slot exclusively used for packet retransmission in probabilistic manner. The proposed method can proactively reduce the frequency of the packet collision between the new packets and retransmission packets so that the IDMA-receiver can successfully decode the set of simultaneously transmitted packets. We show the effectiveness of the proposed method quantitatively by using the computer simulation.
キーワード (和) IDMA / ランダムアクセス / mMTC / 再送 / ARQ / / /  
(英) IDMA / random access / mMTC / retransmission / ARQ / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 90, RCS2019-69, pp. 197-202, 2019年6月.
資料番号 RCS2019-69 
発行日 2019-06-12 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2019-69

研究会情報
研究会 RCS  
開催期間 2019-06-19 - 2019-06-21 
開催地(和) 宮古島 平良港ターミナルビル 
開催地(英) Miyakojima Hirara Port Terminal Building 
テーマ(和) 初めての研究会,リソース制御,スケジューリング,無線通信一般 
テーマ(英) First Presentation in IEICE Technical Committee, Resource Control, Scheduling, Wireless Communications, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2019-06-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) IDMAを用いたランダムアクセスにおける再送制御の一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Investigation on Retransmission Scheme in IDMA-Based Random Access 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) IDMA / IDMA  
キーワード(2)(和/英) ランダムアクセス / random access  
キーワード(3)(和/英) mMTC / mMTC  
キーワード(4)(和/英) 再送 / retransmission  
キーワード(5)(和/英) ARQ / ARQ  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 社家 裕一郎 / Yuichiro Shake / シャケ ユウイチロウ
第1著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. of Science)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 岸山 祥久 / Yoshihisa Kishiyama / キシヤマ ヨシヒサ
第2著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC. (略称: NTT DOCOMO)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 樋口 健一 / Kenichi Higuchi / ヒグチ ケンイチ
第3著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. of Science)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-06-20 10:30:00 
発表時間 10 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2019-69 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.90 
ページ範囲 pp.197-202 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2019-06-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会