電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-06-20 13:50
ストークスベクトル光変調方式の受信感度劣化に関する数値的一検討
鈴木 涼カーリヤワサム インディーパーラゲー アミラ サムパット前田譲治東京理科大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 光の偏波状態に信号点を対応させるストークスベクトル変調信号を, ディジタル信号処理を併用した直接検波ストークス受信器を用いて受信する際の受信感度劣化を数値的に検討した. ストークス空間内の8個の立方格子点に信号点を配置した, シンボルレート 25 GSymbol/sのストークスベクトル変調信号を想定し, 受信器雑音とファイバ分散の存在下で生じる品質劣化を符号誤り率によって評価した. 送受信器対向試験において, 光フロントエンドにおける負荷抵抗の熱雑音と光電ショット雑音の影響を比較したところ, 市販されている25 Gsymbol/s 級の光レシーバを用いる場合には, 熱雑音の影響が支配的となることを確認した. また, 受信端における偏波の等化を, LMSアルゴリズムによる1タップの3入力3出力 FIR フィルタで行う場合について, 標準単一モードファイバによる伝送を想定した計算を行った. この結果, 分散の等化または補償を行わない場合には8キロメートル程度までの伝送が可能であることが予見された. 
(英) We numerically study the receiver sensitivity degradation of a DSP-assisted direct-detection receiver for Stokes vector-modulated signals, in which a state of polarization of light are designated as a signal point. Considering the modulation format employing eight signal points on a cubic lattice in the Stokes space with the symbol rate of 25 GSymbol/s, we calculated bit error rates of the received signal to evaluate the performance degradation in the presence of receiver noise and fiber dispersion. Simulations of back-to-back configuration comparing the effects of thermal noise from the load resistance of the optical frontend and that of photoelectric shot noise confirm that thermal noise is dominant when using the commercially available 25 Gbp/s-class photo-receivers. We also performed simulations of fiber transmission in a standard single mode fiber, assuming the equalization of polarization in the receiver using one tap FIR filter with three inputs and three outputs. It is foreseen that transmission up to about eight kilometers will be possible without dispersion compensation or equalization.
キーワード (和) 光ファイバ通信 / ストークスアナライザ / 偏波変調 / 適応等化 / / / /  
(英) Optical fiber communication / Stokes analyzer / Polarization modulation / Adaptive equalization / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 93, OCS2019-15, pp. 25-29, 2019年6月.
資料番号 OCS2019-15 
発行日 2019-06-13 (OCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 OCS PN NS  
開催期間 2019-06-20 - 2019-06-21 
開催地(和) MALIOS(盛岡) 
開催地(英) MALIOS(Morioka) 
テーマ(和) フォトニックネットワーク・システム,光ネットワーク運用管理,光ネットワーク設計,トラヒックエンジニアリング,シグナリング,GMPLS,ドメイン間経路制御,ネットワーク監視,光増幅器・光中継装置,光/電気クロスコネクト・OADM,光/電気多重・分離,光送受信機,光端局装置,ディジタル信号処理・誤り訂正,光通信計測,データコム用光通信機器,コア・メトロシステム,海底伝送システム,光アクセスシステム・次世代PON,イーサネット,光伝達網(OTN),伝送監視制御,光伝送システム設計・ツール,モバイル光連携,一般 
テーマ(英) Photonic network system, Optical network operation and administration, Optical network design, Traffic engineering, Signaling, GMPLS, Inter-domain route control, Network monitoring, Optical amplifier and Optical repeater, Optical crossconect (OXC) and Optical add/drop multiplexer (OADM), Optical multiplexing/demultiplexing equipment, Optical signal processing, Optical terminal equipment, Digital signal processing and error correction, Optical communication measurement, Core/metro system, Seafloor transmission system, Optical access system and NG-PON, Ethernet, Optical transport network (OTN), Transmission monitoring and control, Optical transmission system design and tool, Mobile and Mobile-optical cooperation, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OCS 
会議コード 2019-06-OCS-PN-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ストークスベクトル光変調方式の受信感度劣化に関する数値的一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Numerical Study on Receiver Sensitivity Degradation of Stokes Vector Modulation Signals 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 光ファイバ通信 / Optical fiber communication  
キーワード(2)(和/英) ストークスアナライザ / Stokes analyzer  
キーワード(3)(和/英) 偏波変調 / Polarization modulation  
キーワード(4)(和/英) 適応等化 / Adaptive equalization  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 涼 / Ryo Suzuki / スズキ リョウ
第1著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of science (略称: TUS)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) カーリヤワサム インディーパーラゲー アミラ サムパット / Kariyawasam Indipalage Amila Sampath / カーリヤワサム インディーパーラゲー アミラ サムパット
第2著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of science (略称: TUS)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 前田 譲治 / Joji Maeda / マエダ ジョウジ
第3著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of science (略称: TUS)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-06-20 13:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 OCS 
資料番号 IEICE-OCS2019-15 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.93 
ページ範囲 pp.25-29 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-OCS-2019-06-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会