電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-06-20 15:15
One Whistle for Yes, Two Whistles for No: Ultrasonic Blockchain Messaging at Network Edge
Marat ZhanikeevTokyo Univ. of Science
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) Blockchain technology is extremely important at wireless network edge as it can provide verifiable security and trust mechanisms to end users and, thus, incentivize them to participate in various services. Traditional blockchain is unfeasible in wireless environments as (1) it is based on resource-consuming Proof-of-Work (PoW) technique and (2) create too much messaging overhead. This paper focuses on (2) and proposes that ultrasound broadcasts can be useful to achieve reliable consensus over a wide range of client density. The only assumption is that local context changes gradually over time, which is why more effort is spent when signaling "no" -- that is, when one or more clients trigger an update. The proposal can be easily implemented on commodity smartphones and can be used as verifiable proof for a wide variety of location-aware services at network edge. 
(英) Blockchain technology is extremely important at wireless network edge as it can provide verifiable security and trust mechanisms to end users and, thus, incentivize them to participate in various services. Traditional blockchain is unfeasible in wireless environments as (1) it is based on resource-consuming Proof-of-Work (PoW) technique and (2) create too much messaging overhead. This paper focuses on (2) and proposes that ultrasound broadcasts can be useful to achieve reliable consensus over a wide range of client density. The only assumption is that local context changes gradually over time, which is why more effort is spent when signaling "no" -- that is, when one or more clients trigger an update. The proposal can be easily implemented on commodity smartphones and can be used as verifiable proof for a wide variety of location-aware services at network edge.
キーワード (和) ultrasound messaging / network edge / IoT / blockchain / / / /  
(英) ultrasound messaging / network edge / IoT / blockchain / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 90, RCS2019-77, pp. 245-248, 2019年6月.
資料番号 RCS2019-77 
発行日 2019-06-12 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS  
開催期間 2019-06-19 - 2019-06-21 
開催地(和) 宮古島 平良港ターミナルビル 
開催地(英) Miyakojima Hirara Port Terminal Building 
テーマ(和) 初めての研究会,リソース制御,スケジューリング,無線通信一般 
テーマ(英) First Presentation in IEICE Technical Committee, Resource Control, Scheduling, Wireless Communications, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2019-06-RCS 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) One Whistle for Yes, Two Whistles for No: Ultrasonic Blockchain Messaging at Network Edge 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ultrasound messaging / ultrasound messaging  
キーワード(2)(和/英) network edge / network edge  
キーワード(3)(和/英) IoT / IoT  
キーワード(4)(和/英) blockchain / blockchain  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) ザニケエフ マラット / Marat Zhanikeev / ザニケエフ マラット
第1著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. of Science)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-06-20 15:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2019-77 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.90 
ページ範囲 pp.245-248 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-RCS-2019-06-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会