電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-06-20 09:30
統合システムスループットを最大化するNOMAに基づく下りリンク複数サービスチャネルの多重法
志熊輝晃東京理科大)・湯田泰明パナソニック)・樋口健一東京理科大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本稿では,統合システムスループットを最大化する非直交多元接続(NOMA: non-orthogonal multiple access)を提案する.第5世代移動通信システムでは,拡張されたモバイルブロードバンド(eMBB: enhanced mobile broadband)に加えて非常に高い同時接続性を有するマシン型通信(mMTC: massive machine-type communications)や超高品質低遅延通信(URLLC: ultra-reliable low latency communications)といった幅広い種別の無線通信サービスのサポートが期待されている.これらのサービスの間では,収容端末数や周波数利用効率と端末間の公平性に対する要求条件は異なり,さらにサービス全体の周波数利用効率とサービス間の公平性に関するトレードオフの考え方は通信事業者によって異なるものになりうる.提案法は,これらの要求条件を考慮した統合システムスループットを最大化するようにシリアル干渉キャンセラ(SIC: successive interference canceller)を用いたNOMAに基づくサービスチャネルの多重法において,各端末への最適な送信帯域と送信電力の割り当てを実現する.提案法は,従来の直交多元接続(OMA: orthogonal multiple access)に基づく多重法に比較して各端末への割り当て帯域が広く同一帯域内の端末間干渉をSICによって除去できるため,システム全体の性能を向上できる.計算機シミュレーションによって,特にサービスや端末間の公平性を重視するときに,提案法による大幅な特性改善が得られることを示す. 
(英) We propose a novel non-orthogonal multiple access (NOMA)-based optimal multiplexing method of multiple downlink service channels to maximize the integrated system throughput. In the fifth generation (5G) mobile communication system, the support of various wireless communication services such as massive machine-type communications (mMTC) and ultra-reliable low latency communications (URLLC) in addition to enhanced mobile broadband (eMBB) is expected. These services will serve different numbers of terminals and have different requirements regarding the spectrum efficiency and fairness among terminals. Furthermore, different operators may have different policies regarding the overall spectrum efficiency and fairness among services. Therefore, an efficient radio resource allocation during the multiplexing of multiple downlink service channels considering these requirements is essential. The proposed method achieves better system performance than the conventional orthogonal multiple access (OMA)-based multiplexing method thanks to the wider transmission bandwidth per terminal and inter-terminal interference cancellation by using the successive interference canceller (SIC). Computer simulation results reveals that the effectiveness of the proposed method especially significant when the system prioritizes the fairness among terminals (including fairness among services).
キーワード (和) 非直交多元接続 / 帯域割り当て / 電力割り当て / システムスループット / eMBB / mMTC / URLLC /  
(英) Non-orthogonal multiple access / bandwidth allocation / power allocation / system throughput / eMBB / mMTC / URLLC /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 90, RCS2019-63, pp. 155-160, 2019年6月.
資料番号 RCS2019-63 
発行日 2019-06-12 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS  
開催期間 2019-06-19 - 2019-06-21 
開催地(和) 宮古島 平良港ターミナルビル 
開催地(英) Miyakojima Hirara Port Terminal Building 
テーマ(和) 初めての研究会,リソース制御,スケジューリング,無線通信一般 
テーマ(英) First Presentation in IEICE Technical Committee, Resource Control, Scheduling, Wireless Communications, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2019-06-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 統合システムスループットを最大化するNOMAに基づく下りリンク複数サービスチャネルの多重法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) NOMA-based Multiplexing Method of Downlink Service Channels to Maximize Integrated System Throughput 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 非直交多元接続 / Non-orthogonal multiple access  
キーワード(2)(和/英) 帯域割り当て / bandwidth allocation  
キーワード(3)(和/英) 電力割り当て / power allocation  
キーワード(4)(和/英) システムスループット / system throughput  
キーワード(5)(和/英) eMBB / eMBB  
キーワード(6)(和/英) mMTC / mMTC  
キーワード(7)(和/英) URLLC / URLLC  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 志熊 輝晃 / Teruaki Shikuma / シクマ テルアキ
第1著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. of Science)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 湯田 泰明 / Yasuaki Yuda / ユダ ヤスアキ
第2著者 所属(和/英) パナソニック株式会社 (略称: パナソニック)
Panasonic Corporation (略称: Panasonic)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 樋口 健一 / Kenichi Higuchi / ヒグチ ケンイチ
第3著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. of Science)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-06-20 09:30:00 
発表時間 10 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2019-63 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.90 
ページ範囲 pp.155-160 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2019-06-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会