お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-06-20 13:00
FDTD法による無限周期構造上の水平ダイポールアンテナの解析
倉原彰秀宇野 亨有馬卓司東京農工大AP2019-16
抄録 (和) 筆者らはこれまで無限周期のメタ表面近傍に置かれた単一のアンテナの特性を解析する手法として,表面インピーダンス法をFDTD法に組み込む手法を提案してきた.一方,通常のFDTD法で同じ問題を解析しようとすると解析結果が収束するまで解析空間を順次広げていく必要があり,必ずしも結果が収束する保証はない.本研究では通常のFDTD法で周期数を増やした際の解析結果の収束について検討し,その結果を表面インピーダンス法を用いた手法と比較している. 
(英) We have proposed a surface impedance boundary condition (SIBC) based FDTD modeling method to calculate the characteristics of a single, nonperiodic antenna located above a metasurface. On the other hand, when analyzing the same problem with the original FDTD method, it is necessary to sequentially expand the analysis space until the results converge, and there is no guarantee of convergence. This paper investigates convergences of analysis results when the number of periods is increased and compares the result with SIBC based FDTD modeling method.
キーワード (和) FDTD法 / 表面インピーダンス境界条件 / グリーン関数 / 遠方界 / / / /  
(英) FDTD method / Surface Impedance Boundary Condition / Green's Function / Far-field / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 91, AP2019-16, pp. 7-11, 2019年6月.
資料番号 AP2019-16 
発行日 2019-06-13 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード AP2019-16

研究会情報
研究会 AP  
開催期間 2019-06-20 - 2019-06-20 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) Antennas and Propagation 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2019-06-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) FDTD法による無限周期構造上の水平ダイポールアンテナの解析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) FDTD Modeling of a Horizontal Dipole Antenna Located above Metasurface 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) FDTD法 / FDTD method  
キーワード(2)(和/英) 表面インピーダンス境界条件 / Surface Impedance Boundary Condition  
キーワード(3)(和/英) グリーン関数 / Green's Function  
キーワード(4)(和/英) 遠方界 / Far-field  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 倉原 彰秀 / Akihide Kurahara / クラハラ アキヒデ
第1著者 所属(和/英) 東京農工大学 (略称: 東京農工大)
Tokyo University of Agriculture and Technology (略称: Tokyo Univ Of Agriculture And Tech)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 宇野 亨 / Toru Uno / ウノ トオル
第2著者 所属(和/英) 東京農工大学 (略称: 東京農工大)
Tokyo University of Agriculture and Technology (略称: Tokyo Univ Of Agriculture And Tech)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 有馬 卓司 / Takuji Arima / アリマ タクジ
第3著者 所属(和/英) 東京農工大学 (略称: 東京農工大)
Tokyo University of Agriculture and Technology (略称: Tokyo Univ Of Agriculture And Tech)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-06-20 13:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2019-16 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.91 
ページ範囲 pp.7-11 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-AP-2019-06-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会