電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-06-19 15:05
無線LANにおけるスターベーション緩和に向けたチャネル制御と空間再利用
清水鴻育尹 博山本高至京大)・アベセカラ ヒランタNTT
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) This paper proposes a decentralized scheme to improve the energy efficiency (EE) in dense wireless local area networks (WLANs), based on inversely proportional setting (IPS) of carrier sense threshold (CST) and transmit power. Jointly adjusting the CST and transmit power in an inversely proportional manner, i.e., keeping their product to be a constant, is a promising technique to increase transmit opportunities in dense WLANs, without generating unfairness issue of asymmetric carrier sensing. The proposed scheme is formulated in the non-cooperative game framework. To guarantee the existence of the equilibrium, and to ensure the convergence of the proposed scheme, we incorporate potential games, based on which the utility function is designed. Simulation results show that the proposed scheme provides considerable improvement in EE and average throughput under various node
densities. 
(英) This paper proposes a decentralized scheme to improve the energy efficiency (EE) in dense wireless local area networks (WLANs), based on inversely proportional setting (IPS) of carrier sense threshold (CST) and transmit power. Jointly adjusting the CST and transmit power in an inversely proportional manner, i.e., keeping their product to be a constant, is a promising technique to increase transmit opportunities in dense WLANs, without generating unfairness issue of asymmetric carrier sensing. The proposed scheme is formulated in the non-cooperative game framework. To guarantee the existence of the equilibrium, and to ensure the convergence of the proposed scheme, we incorporate potential games, based on which the utility function is designed. Simulation results show that the proposed scheme provides considerable improvement in EE and average throughput under various node
densities.
キーワード (和) densely deployed WLANs / energy efficiency / carrier sense threshold adjustment / transmit power control / potential game / / /  
(英) densely deployed WLANs / energy efficiency / carrier sense threshold adjustment / transmit power control / potential game / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 90, RCS2019-53, pp. 97-102, 2019年6月.
資料番号 RCS2019-53 
発行日 2019-06-12 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS  
開催期間 2019-06-19 - 2019-06-21 
開催地(和) 宮古島 平良港ターミナルビル 
開催地(英) Miyakojima Hirara Port Terminal Building 
テーマ(和) 初めての研究会,リソース制御,スケジューリング,無線通信一般 
テーマ(英) First Presentation in IEICE Technical Committee, Resource Control, Scheduling, Wireless Communications, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2019-06-RCS 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) 無線LANにおけるスターベーション緩和に向けたチャネル制御と空間再利用 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Joint Channel Control and Spatial Reuse Towards Starvation Mitigation in WLANs 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) densely deployed WLANs / densely deployed WLANs  
キーワード(2)(和/英) energy efficiency / energy efficiency  
キーワード(3)(和/英) carrier sense threshold adjustment / carrier sense threshold adjustment  
キーワード(4)(和/英) transmit power control / transmit power control  
キーワード(5)(和/英) potential game / potential game  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 清水 鴻育 / Hiroyasu Shimizu / シミズ ヒロヤス
第1著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 尹 博 / Bo Yin / イン ハク
第2著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 高至 / Koji Yamamoto / ヤマモト コウジ
第3著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) アベセカラ ヒランタ / Hirantha Abeysekera / アベセカラ ヒランタ
第4著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-06-19 15:05:00 
発表時間 10 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2019-53 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.90 
ページ範囲 pp.97-102 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2019-06-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会