お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-06-19 09:30
フルデュープレクスにおけるスロット単位のシンボル繰り返しを用いる物理チャネル多重法の特性
吉田和樹佐和橋 衛東京都市大)・岸山祥久NTTドコモRCS2019-37
抄録 (和) フルデュープレクス(FD: Full Duplex)は,従来のハーフデュープレクス(HD: Half Duplex) Frequency Division Duplex (FDD)あるいはTime Division Duplex (TDD)に比較して,スループット(あるいは周波数利用効率)の向上,制御遅延の短縮の観点で有効である.しかし,FDは上り及び下りリンクのトラヒック分布が対称な場合,HD FDDあるいはHD TDDに比較してピークスループットを2倍程度に増大できるものの,両リンク間でトラヒック分布が非対称な場合にはスループットの改善効果が小さくなる.筆者らは,上り及び下りリンクのトラヒック分布が非対称な場合に,FDのスループットを向上させることを目的として,サブフレーム単位のシンボル繰り返しを用いる物理チャネル多重法を提案した.本稿では,New Radio (NR)の無線フレーム構成を仮定し,サブキャリア間隔,スロット構成に対するFDを用いたときのスロット単位のシンボル繰り返しの効果を評価する.まず,電源電圧に依存するアナログ・ディジタル変換器の入力電力の最大許容レンジが,自己干渉キャンセル後の復調器入力端の信号電力対干渉及び雑音電力比(SINR: Signal-to-Noise plus Interference Radio)に影響を与えないことを示す.次に,サブキャリア間隔,スロット構成に対するFDを用いたときのスロット単位のシンボル繰り返しを適用した場合の復調器入力端のSINR及びスループットの改善効果を示す. 
(英) In full duplex (FD), which improves spectrum efficiency and achieves flexible resource assignment between the uplink and downlink, the throughput cannot be improved to an ideal level due to self-interference (SI) from a transmitter when traffic loads are symmetric between the downlink and uplink. This paper investigates the effect of symbol repetition in every slot, which we recently proposed, on the signal-to-interference plus noise power ratio (SINR) at a demodulator input after SI suppression assuming the radio frame structure based on New Radio (NR) radio interface for FD. We first show that the maximum allowable input power of analog-to-digital converter doesn’t affect the SINR at a demodulator input. Then, we present the improvement in the SINR at a demodulator input and the resultant throughput when applying symbol repetition in every slot for some sets of subcarrier spacing and slot structures for FD with an asymmetric traffic distribution.
キーワード (和) Full duplex / 自己干渉 / シンボル繰り返し / 非対称トラヒック分布 / SINR / / /  
(英) full duplex / self-interference / symbol repetition / asymmetric traffic load / SINR / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 90, RCS2019-37, pp. 1-6, 2019年6月.
資料番号 RCS2019-37 
発行日 2019-06-12 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2019-37

研究会情報
研究会 RCS  
開催期間 2019-06-19 - 2019-06-21 
開催地(和) 宮古島 平良港ターミナルビル 
開催地(英) Miyakojima Hirara Port Terminal Building 
テーマ(和) 初めての研究会,リソース制御,スケジューリング,無線通信一般 
テーマ(英) First Presentation in IEICE Technical Committee, Resource Control, Scheduling, Wireless Communications, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2019-06-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) フルデュープレクスにおけるスロット単位のシンボル繰り返しを用いる物理チャネル多重法の特性 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Performance of Physical Channel Multiplexing Using Symbol Repetition in Every Time Slot for Full Duplex 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Full duplex / full duplex  
キーワード(2)(和/英) 自己干渉 / self-interference  
キーワード(3)(和/英) シンボル繰り返し / symbol repetition  
キーワード(4)(和/英) 非対称トラヒック分布 / asymmetric traffic load  
キーワード(5)(和/英) SINR / SINR  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉田 和樹 / Kazuki Yoshida / ヨシダ カズキ
第1著者 所属(和/英) 東京都市大学 (略称: 東京都市大)
Tokyo City University (略称: Tokyo City Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐和橋 衛 / Mamoru Sawahashi / サワハシ マモル
第2著者 所属(和/英) 東京都市大学 (略称: 東京都市大)
Tokyo City University (略称: Tokyo City Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 岸山 祥久 / Yoshihisa Kishiyama / キシヤマ ヨシヒサ
第3著者 所属(和/英) NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO (略称: NTT DOCOMO)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-06-19 09:30:00 
発表時間 10 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2019-37 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.90 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2019-06-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会