電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-06-19 16:35
QRD-Mアルゴリズムを用いたPolar符号化MIMO空間多重におけるビット尤度生成に関する一検討
山口修平落合秀樹横浜国大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年,周波数利用効率を飛躍的に向上させる MIMO システムの研究が盛んに行われている.特に, MIMO 空間多重における信号検出法の一つである QRD-M(QR Decomposition-M algorithm) は,最適検出法である MLD(Maximum Likelihood Detection) に対して計算量と誤り率特性のトレードオフを実現する手法である.本稿で は,QRD-M を CRC 連接 Polar 符号と組み合わせ,リスト復号を行うシステムを提案する.特に QRD-M では計算量 を削減したことでビット尤度が失われ,復号特性が劣化する課題があるため,これを補償する 2 通りの方式を検討し, それぞれの誤り率特性を比較する. 
(英) In order to improve bandwidth efficiency of wireless communications systems, MIMO techniques have been extensively studied. The key technique for MIMO spatial multiplexing systems is how to develop its low-complexity detection. Among many existing MIMO detection techniques, QR decomposition with M algorithm (QRD-M) is known to provide a trade off between the error rate performance and computational complexity of maximum likelihood detection (MLD). In this report, we propose a system that combines MIMO spatial multiplexing system based on QRD-M algorithm with CRC concatenated polar code and performs list decoding. Since some bit likelihood that is used for the log-likelihood ratio (LLR) calculation will be lost in the process of QRD-M, we investigate two compensating approaches and compare their achievable error rate performance.
キーワード (和) MIMO / QRD-M / Polar符号 / CA-SCL / LLR / / /  
(英) MIMO / QRD-M / Polar code / CA-SCL / Log Likelihood Ratio / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 90, RCS2019-61, pp. 143-148, 2019年6月.
資料番号 RCS2019-61 
発行日 2019-06-12 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS  
開催期間 2019-06-19 - 2019-06-21 
開催地(和) 宮古島 平良港ターミナルビル 
開催地(英) Miyakojima Hirara Port Terminal Building 
テーマ(和) 初めての研究会,リソース制御,スケジューリング,無線通信一般 
テーマ(英) First Presentation in IEICE Technical Committee, Resource Control, Scheduling, Wireless Communications, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2019-06-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) QRD-Mアルゴリズムを用いたPolar符号化MIMO空間多重におけるビット尤度生成に関する一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) On Bit LLR Design for Polar-Coded MIMO Spatial Multiplexing System Based on QRD-M Algorithm 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) MIMO / MIMO  
キーワード(2)(和/英) QRD-M / QRD-M  
キーワード(3)(和/英) Polar符号 / Polar code  
キーワード(4)(和/英) CA-SCL / CA-SCL  
キーワード(5)(和/英) LLR / Log Likelihood Ratio  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山口 修平 / Shuhei Yamaguchi / ヤマグチ シュウヘイ
第1著者 所属(和/英) 横浜国立大学 (略称: 横浜国大)
Yokohama National University (略称: Yokohama National Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 落合 秀樹 / Hideki Ochiai / オチアイ ヒデキ
第2著者 所属(和/英) 横浜国立大学 (略称: 横浜国大)
Yokohama National University (略称: Yokohama National Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-06-19 16:35:00 
発表時間 10 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2019-61 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.90 
ページ範囲 pp.143-148 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2019-06-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会