電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-06-19 10:00
インパルス応答推定に基づくFDDシステムの下り回線チャネル推定に関する基礎的検討
登坂紫織小川恭孝西村寿彦大鐘武雄萩原淳一郎北大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) FDDシステムの下り回線チャネルの推定は,通常,下り回線のパイロット信号により得られるチャネル情報を端末から基地局にフィードバックすることにより行われる.しかし,このような推定法は伝送効率の低下を引き起こす.この問題を解決するため,広帯域OFDM系において,端末から送信される上り回線のトレーニングシンボルを用いてインパルス応答を推定し,それを基に下り回線チャネルを求める方法を提案する.インパルス応答の推定には圧縮センシングのアルゴリズムの一つであるFISTAを適用する.本稿では,提案法の基本特性を検討するためにSISO環境での評価を行い,IDFTを用いた手法と比較する.その結果,FISTAによる下り回線のチャネル推定はIDFTを用いた場合に比べてはるかに良好であることが明らかになった. 
(英) In an FDD system, downlink channel state information (CSI) is necessary at a base station for efficient transmission. The CSI estimated at user equipment using downlink training symbols is fed back to the base station. This method, however, reduces the transmission efficiency. In this paper, we propose a method to obtain downlink CSI at a base station based on impulse response estimation using uplink pilot symbols in a wideband OFDM system. We apply FISTA, an algorithm of compressed sensing, to estimate the impulse response. We evaluate the basic performance in a SISO system and compare the estimation performance with that of IDFT. It will be shown that the downlink channel estimation by FISTA is accurate and better than that by IDFT.
キーワード (和) FDD / チャネル推定 / 圧縮センシング / IDFT / / / /  
(英) FDD / channel estimation / compressed sensing / IDFT / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 90, RCS2019-40, pp. 19-24, 2019年6月.
資料番号 RCS2019-40 
発行日 2019-06-12 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS  
開催期間 2019-06-19 - 2019-06-21 
開催地(和) 宮古島 平良港ターミナルビル 
開催地(英) Miyakojima Hirara Port Terminal Building 
テーマ(和) 初めての研究会,リソース制御,スケジューリング,無線通信一般 
テーマ(英) First Presentation in IEICE Technical Committee, Resource Control, Scheduling, Wireless Communications, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2019-06-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) インパルス応答推定に基づくFDDシステムの下り回線チャネル推定に関する基礎的検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Fundamental Study on Downlink Channel Estimation in an FDD System Based on Impulse Response Estimation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) FDD / FDD  
キーワード(2)(和/英) チャネル推定 / channel estimation  
キーワード(3)(和/英) 圧縮センシング / compressed sensing  
キーワード(4)(和/英) IDFT / IDFT  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 登坂 紫織 / Shiori Tosaka / トサカ シオリ
第1著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小川 恭孝 / Yasutaka Ogawa / オガワ ヤスタカ
第2著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 西村 寿彦 / Toshihiko Nishimura / ニシムラ トシヒコ
第3著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 大鐘 武雄 / Takeo Ohgane / オオガネ タケオ
第4著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 萩原 淳一郎 / Junichiro Hagiwara / ハギワラ ジュンイチロウ
第5著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-06-19 10:00:00 
発表時間 10 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2019-40 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.90 
ページ範囲 pp.19-24 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2019-06-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会