電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-06-19 09:50
LoRaWAN端末を用いた900MHz帯室内距離減衰特性の測定
辻本若葉西村寿彦大鐘武雄小川恭孝萩原淳一郎北大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 広い通信エリア・省電力伝送・低コストを実現するIoT(Internet of Things)デバイス向けのLPWAN(Low Power Wide Area Network)の中で,唯一LoRaWANは自営網の構築が可能である.本稿では容易に運用できる2台のLoRaWAN端末を用いて,同じ建物内の条件の異なる3箇所にて距離に対する受信信号強度を測定し,室内環境における900MHz帯の距離減衰特性を評価した.その結果,部屋の大きさや反射面となる什器の数により伝搬損失指数と減衰量は大きく変化することがわかった.また,障害物の存在しない直線廊下の測定結果では距離減衰におけるブレークポイントが観測できた. 
(英) Among low power wide area networks (LPWANs) which offer a power-saving transmission with a wide area coverage at low cost for devices supporting Internet of Things (IoT), a LoRaWAN is the only one that can construct a private network. In this paper, we evaluate indoor path losses at 900~MHz band using two LoRaWAN terminals, which are usable for anyone, by measuring received signal strength indicator (RSSI) of the terminal at three different locations in the same building. As a result, it has been observed that the path loss exponent and the attenuation amount change depending on the size of the room and the number of the reflection surfaces. In addition, it has been confirmed that there is a break point in the path loss curve used for the measurement results of the straight corridor with no obstacle.
キーワード (和) LoRa / LPWAN / 室内距離減衰 / / / / /  
(英) LoRa / LPWAN / Indoor path loss / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 90, RCS2019-39, pp. 13-18, 2019年6月.
資料番号 RCS2019-39 
発行日 2019-06-12 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS  
開催期間 2019-06-19 - 2019-06-21 
開催地(和) 宮古島 平良港ターミナルビル 
開催地(英) Miyakojima Hirara Port Terminal Building 
テーマ(和) 初めての研究会,リソース制御,スケジューリング,無線通信一般 
テーマ(英) First Presentation in IEICE Technical Committee, Resource Control, Scheduling, Wireless Communications, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2019-06-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) LoRaWAN端末を用いた900MHz帯室内距離減衰特性の測定 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Indoor Path Loss Measurements at 900 MHz Band Using LoRaWAN Terminals 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) LoRa / LoRa  
キーワード(2)(和/英) LPWAN / LPWAN  
キーワード(3)(和/英) 室内距離減衰 / Indoor path loss  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 辻本 若葉 / Wakaba Tsujimoto / ツジモト ワカバ
第1著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 西村 寿彦 / Toshihiko Nishimura / ニシムラ トシヒコ
第2著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 大鐘 武雄 / Takeo Ohgane / オオガネ タケオ
第3著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 小川 恭孝 / Yasutaka Ogawa / オガワ ヤスタカ
第4著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 萩原 淳一郎 / Junichiro Hagiwara / ハギワラ ジュンイチロウ
第5著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-06-19 09:50:00 
発表時間 10 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2019-39 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.90 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2019-06-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会