電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-06-19 11:10
UAVによる広域上りリンクIoT情報収集システムの省電力化に関する検討
上野皓平岡本英二名工大)・辻 宏之三浦 周NICT
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年,第5世代移動通信システム(5G)において,モノのインターネット(Internet of Things: IoT)を中心とした統合的な情報通信ネットワーク社会の実現に向けて様々な研究開発が行われている.IoT化が進む中で,山間部や河川に設置されたIoT端末は人力でのデータ収集が困難であり,基地局から遠いため十分な品質で通信を行うことができない課題が存在する.そこで無人航空機(Unmanned Aerial Vehicle: UAV)を一時的な基地局として用い,複数のIoT端末からの上りリンク情報を収集するシステムにおいて,UAVの飛行半径を適切に設定し,端末接続のスケジューリングを適用することで,IoT端末間での公平性を保ちつつ少ない消費電力で高効率な通信を行う手法を提案する.そして計算機シミュレーションによりその特性を評価する. 
(英) In recent years, in the fifth generation mobile communications system (5G) has been considered to realize a smart society in which various data are gathered through Internet of Things (IoT) terminals distributed everywhere. However, the data collection from IoT terminals at rural and suburban areas such as mountains or river field is a problem because they are far from base stations. In conventional studies, an Unmanned Aerial Vehicle (UAV) uplink data collection scheme in which UAV acts as a terminal base station in the air has been proposed. In that scheme, however, time division multiple access was used and the transmission efficiency was not high. Therefore, in this paper, we propose an UAV-based uplink IoT data collection scheme using frequency division multiple access to archive both energy-efficient and fair transmission. The performance of the proposed scheme is evaluated through numerical simulations.
キーワード (和) 無人航空機 / 移動体通信 / IoT / 上りリンク / スケジューリング / / /  
(英) unmanned aerial vehicle / mobile communications system / IoT / uplink / scheduling / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 90, RCS2019-46, pp. 55-60, 2019年6月.
資料番号 RCS2019-46 
発行日 2019-06-12 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS  
開催期間 2019-06-19 - 2019-06-21 
開催地(和) 宮古島 平良港ターミナルビル 
開催地(英) Miyakojima Hirara Port Terminal Building 
テーマ(和) 初めての研究会,リソース制御,スケジューリング,無線通信一般 
テーマ(英) First Presentation in IEICE Technical Committee, Resource Control, Scheduling, Wireless Communications, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2019-06-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) UAVによる広域上りリンクIoT情報収集システムの省電力化に関する検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) An energy-efficient and wide-area uplink IoT data transmission scheme using UAV 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 無人航空機 / unmanned aerial vehicle  
キーワード(2)(和/英) 移動体通信 / mobile communications system  
キーワード(3)(和/英) IoT / IoT  
キーワード(4)(和/英) 上りリンク / uplink  
キーワード(5)(和/英) スケジューリング / scheduling  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 上野 皓平 / Kohei Ueno / ウエノ コウヘイ
第1著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: NITech)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡本 英二 / Eiji Okamoto / オカモト エイジ
第2著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: NITech)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 辻 宏之 / Hiroyuki Tsuji / ツジ ヒロユキ
第3著者 所属(和/英) 国立研究開発法人 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 三浦 周 / Amane Miura / ミウラ アマネ
第4著者 所属(和/英) 国立研究開発法人 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-06-19 11:10:00 
発表時間 10 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2019-46 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.90 
ページ範囲 pp.55-60 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2019-06-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会