電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-06-17 13:50
スモールワールド性がもたらす二つの脳神経モデルの同期
鈴木健太郎朴 志勲河合裕司浅田 稔阪大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 社会的相互作用中の二人の脳波を同時に測定するハイパースキャニング研究では,行動が同期的になったときに脳波活動も同期的になることが示されている.本研究では,脳の解剖学的ネットワークのグラフ理論的特徴であるスモールワールド性が,脳活動の同期性の要因の一つであるという仮説を提案し,二つの脳神経モデルのシミュレーションによってこの仮説を検証する.Izhikevich モデルを用いてニューロングループを作成し,そのニューロングループをノードとしたスモールワールドネットワークを構成した.このネットワークを二つ構成し,それらの一部のニューロングループをつなぎ,相互作用させた.その結果,スモールワールドネットワーク同士でインタラクションしたときに限り,ネットワーク間で位相同期するニューロングループが増加することがわかった. 
(英) Recent hyper scanning studies have shown that activities of the two brains synchronize during social interaction. We hypothesize that small-world, which is a graph-theooritical property of an anatomical brain netowork, is one of factors of the inter-brain synchronization and verify it with a two-neurocomputational model for the interaction. We constructed small-world networks composed by neuron groups as nodes which were constituted by Izhikevich neuron model. Two such networks were created and connected some of neuron groups each other to interact them. Simulation demonstrated that the number of synchronizing neuron groups increased only when the interaction between the small-world networks.
キーワード (和) スモールワールドネットワーク / Izhikevichモデル / インタラクション / 脳間同期 / / / /  
(英) small-world network / Izhikevich model / interaction / inter-brain synchronization / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 88, NC2019-3, pp. 9-14, 2019年6月.
資料番号 NC2019-3 
発行日 2019-06-10 (NC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NC IBISML IPSJ-MPS IPSJ-BIO  
開催期間 2019-06-17 - 2019-06-19 
開催地(和) 沖縄科学技術大学院大学 
開催地(英) Okinawa Institute of Science and Technology 
テーマ(和) NC、機械学習によるバイオデータマイニング、一般 
テーマ(英) Neurocomputing, Machine Learning Approach to Biodata Mining, and General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NC 
会議コード 2019-06-NC-IBISML-MPS-BIO 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) スモールワールド性がもたらす二つの脳神経モデルの同期 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Small-workd networks enhance the inter-brain synchronization 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) スモールワールドネットワーク / small-world network  
キーワード(2)(和/英) Izhikevichモデル / Izhikevich model  
キーワード(3)(和/英) インタラクション / interaction  
キーワード(4)(和/英) 脳間同期 / inter-brain synchronization  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 健太郎 / Kentaro Suzuki / スズキ ケンタロウ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 朴 志勲 / Jihoon Park / パク ジフン
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 河合 裕司 / Yuji Kawai / カワイ ユウジ
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 浅田 稔 / Minoru Asada / アサダ ミノル
第4著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-06-17 13:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NC 
資料番号 IEICE-NC2019-3 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.88 
ページ範囲 pp.9-14 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NC-2019-06-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会