電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-06-17 16:50
Efficient wave simulation for focused ultrasound therapy of cancer -- for sure treatment without side effects --
Kazuhide OkadaNTMCUS2019-26
抄録 (和) 癌治療用の収束超音波のトランスデューザからの、音圧・指向性・熱分布等のシミュレーションを各種超音波シミュレータでやってみた。この結果を踏まえて、転移がんも含めて、理想となる超音波シミュレータのデザインとはどういうものなのか?シミュレーションをコンプリートした後の、望ましい、試作への後処理とは、どういうものなのかを論じる。、、 
(英) The cancer killing mechanism by focused ultrasound and metastasis defense system by the vibration based on the resonant frequency have been developed in our research. In this process, the selection of the optimized ultrasound simulator which supports the sound field including its directivity and the temperature is crucial. In case that HIFU is used, the essential strategy for accelerating the necrosis of tumors is mainly to burn only the affected parts by condensed energy, without giving the damage to any healthy cells, to avoid the side effect. Looking at the various present simulators, how the feasibly and accurately the ultrasonic path in the body can be reproducible was studied.
キーワード (和) 収束超音波 / FOCUS / MATLAB / / / / /  
(英) FUS / FOCUS / MATLAB / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 87, US2019-26, pp. 35-40, 2019年6月.
資料番号 US2019-26 
発行日 2019-06-10 (US) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード US2019-26

研究会情報
研究会 US  
開催期間 2019-06-17 - 2019-06-17 
開催地(和) 首都大学東京 秋葉原サテライトキャンパス 
開催地(英) Akihabara satellite campus, Tokyo Metropolitan University 
テーマ(和) 医用超音波、アコースティックイメージング、一般(共催:日本超音波医学会基礎技術研究会、日本音響学会アコースティックイメージング研究会) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 US 
会議コード 2019-06-US 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Efficient wave simulation for focused ultrasound therapy of cancer 
サブタイトル(英) for sure treatment without side effects 
キーワード(1)(和/英) 収束超音波 / FUS  
キーワード(2)(和/英) FOCUS / FOCUS  
キーワード(3)(和/英) MATLAB / MATLAB  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡田 一秀 / Kazuhide Okada /
第1著者 所属(和/英) 新東京医科大学ポンペイ校 (略称: 新東京医科大ポンペイ校)
New Tokyo Medical College, Pohnpei Campus (略称: NTMC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-06-17 16:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 US 
資料番号 IEICE-US2019-26 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.87 
ページ範囲 pp.35-40 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-US-2019-06-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会