電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-06-17 15:00
メタ解析fMRIデータを空間制約情報に用いたMEG信号源推定方法
鈴木啓大奈良先端大)・山下宙人ATR
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) FMRIとMEGは脳機能イメージングで用いられている主要な観測装置である.FMRIは非常に高い空間分解能を持っている一方で,神経活動への血流応答を見ているという原理上,時間分解能には限界がある.反対にMEGは,神経活動を直接反映する高い時間分解能を持っているが,その空間分解能は信号源推定の性能に大きく依存する.この問題を解決するための方法のひとつとして,fMRIとMEGデータを組み合わせる方法が提案されてきた.しかしながら,計測コストが単純計算で2倍となる点や,fMRI,MEGともに高品質のデータを計測することには大きな困難が伴う.そこで本研究では,実際のfMRIデータの代わりにメタ解析によって得られたfMRIデータをMEG信号源推定の制約として組み込む方法を提案する.同時に提案手法を評価するための現実的なシミュレーション方法を開発し,これを用いて提案手法の有効性を示した. 
(英) Functional magnetic resonance imaging (fMRI) and magnetoencephalography (MEG) are the major recording means of brain activity. FMRI records brain activity with high spatial resolution but its temporal resolution is low due to slow hemodynamic responses to neural activity. Conversely, MEG has characteristics that the temporal resolution is high but spatial resolution is low. One of the solution is combining both records of fMRI and MEG so that we can estimate high spatio-temporal brain activity. However, taking into consideration the measurement cost and the burden on the subject, it is difficult to obtain high quality measurement data of both modalities. Therefore, we propose combining MEG data with meta-analysis fMRI instead of measured one. And also, we developed realistic simulation framework to evaluate our proposal.
キーワード (和) 脳磁図 / 信号源推定 / 変分ベイズ / メタ分析 / / / /  
(英) MEG / source reconstruction / variational Bayesian / meta-analysis / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 88, NC2019-5, pp. 21-25, 2019年6月.
資料番号 NC2019-5 
発行日 2019-06-10 (NC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NC IBISML IPSJ-MPS IPSJ-BIO  
開催期間 2019-06-17 - 2019-06-19 
開催地(和) 沖縄科学技術大学院大学 
開催地(英) Okinawa Institute of Science and Technology 
テーマ(和) NC、機械学習によるバイオデータマイニング、一般 
テーマ(英) Neurocomputing, Machine Learning Approach to Biodata Mining, and General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NC 
会議コード 2019-06-NC-IBISML-MPS-BIO 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) メタ解析fMRIデータを空間制約情報に用いたMEG信号源推定方法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Meta-analysis fMRI data helps robust source reconstruction of MEG measurements 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 脳磁図 / MEG  
キーワード(2)(和/英) 信号源推定 / source reconstruction  
キーワード(3)(和/英) 変分ベイズ / variational Bayesian  
キーワード(4)(和/英) メタ分析 / meta-analysis  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 啓大 / Keita Suzuki / スズキ ケイタ
第1著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山下 宙人 / Okito Yamashita / ヤマシタ オキト
第2著者 所属(和/英) 国際電気通信基礎技術研究所 (略称: ATR)
Advanced Telecommunications Research Institute International (略称: ATR)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-06-17 15:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NC 
資料番号 IEICE-NC2019-5 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.88 
ページ範囲 pp.21-25 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-NC-2019-06-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会