電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-06-17 15:25
i.p.i.d.情報源におけるベイズ規準の下で最適な変化回数の推定
鈴木海理鎌塚 明松嶋敏泰早大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 変化回数の推定問題は,さまざまな実問題において重要な問題である.従来,この問題に対して,尤度を最大にすることにより変化回数を推定する研究[4]や,事前分布を仮定した下で,事後確率最大法により推定する研究[6]がある.しかしながら,[4]では,推定された変化回数に理論的な最適性は保証されておらず,また,[6]では,推定する際に$O¥left(2^{n-1}¥right)$の計算量を要してしまう.本研究では,統計的決定理論に基づいて変化回数の推定問題を定式化し,ベイズ規準の下で最適な変化回数の推定方法と,いくつかの仮定の下で近似計算をせず$O¥left(n^{3}¥right)$の計算量で変化回数を推定できるアルゴリズムを提案する. 
(英) The problem of estimating the number of the change points is an important problem in various real problems.There have been studies on this problem, in which the number of change points is estimated by maximizing the likelihood[4] and in which the prior distribution is assumed, using MAP estimation[6]. In [4], the estimated number of change points is not theoretically guaranteed.In [6], it takes the computational complexity in the order of $O¥left(2^{n-1}¥right)$ to estimate.In this study, we formulate an estimation problem of the number of change points in the statistical decision theory. Then we propose an optimal and efficient estimating algorithm of the number of change points under bayesian criterion.
The algorithm take the computational complexity in the order of $O¥left(n^{3}¥right)$ under some assumptions.
キーワード (和) 変化検知 / 変化回数の推定 / i.p.i.d.情報源 / 統計的決定理論 / ベイズリスク / ベイズ決定関数 / /  
(英) Change points detection / Estimating the number of change points / Sources with piecewise constant parameters / Statistical Decision Theory / Bayes risk / Bayes rule / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 89, IBISML2019-6, pp. 35-41, 2019年6月.
資料番号 IBISML2019-6 
発行日 2019-06-10 (IBISML) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NC IBISML IPSJ-MPS IPSJ-BIO  
開催期間 2019-06-17 - 2019-06-19 
開催地(和) 沖縄科学技術大学院大学 
開催地(英) Okinawa Institute of Science and Technology 
テーマ(和) NC、機械学習によるバイオデータマイニング、一般 
テーマ(英) Neurocomputing, Machine Learning Approach to Biodata Mining, and General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IBISML 
会議コード 2019-06-NC-IBISML-MPS-BIO 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) i.p.i.d.情報源におけるベイズ規準の下で最適な変化回数の推定 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Optimal Estimating the Number of Change Points for Sources with Piecewise Constant parameters under Bayesian Criterion 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 変化検知 / Change points detection  
キーワード(2)(和/英) 変化回数の推定 / Estimating the number of change points  
キーワード(3)(和/英) i.p.i.d.情報源 / Sources with piecewise constant parameters  
キーワード(4)(和/英) 統計的決定理論 / Statistical Decision Theory  
キーワード(5)(和/英) ベイズリスク / Bayes risk  
キーワード(6)(和/英) ベイズ決定関数 / Bayes rule  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 海理 / Kairi Suzuki / スズキ カイリ
第1著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 鎌塚 明 / Akira Kamatsuka / カマツカ アキラ
第2著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 松嶋 敏泰 / Toshiyasu Matsushima / マツシマ トシヤス
第3著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-06-17 15:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IBISML 
資料番号 IEICE-IBISML2019-6 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.89 
ページ範囲 pp.35-41 
ページ数 IEICE-7 
発行日 IEICE-IBISML-2019-06-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会