電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-06-17 15:40
アテンションモデルとの対比によるソースコード理解時のプログラマの視線行動分析
池田聖華京都女子大)・久保孝富幾谷吉晴畑 秀明Nishanth Koganti伊藤健史松本健一奈良先端大)・丸野由希京都女子大)・池田和司奈良先端大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) ソースコード理解時におけるプログラマの認知過程を明らかにするため,視線行動分析がなされてきたが,ソースコードの各構成内容の重要性を踏まえた報告は乏しい.その原因の一つに重要性の数値化が困難なことが挙げられる.本研究では,code2vec などのモデルに備わっているアテンションを構成内容の重要性として捉え,重要性を数値化することで視線行動分との対比を試みる.本発表では実験を含めた視線行動分析方法のアイデアについて紹介する. 
(英) Many gaze behavior analyses have been conducted in order to clarify the programmers’ cognitive processes. However, there are few studies that consider the importance of each component in source codes for gaze behavior analysis. One of the possible reasons is that it is difficult to quantify such importance. In this study, we regard “attention” in attention models (e.g., code2vec) as the importance of the components, and attempt to compare the quantified importance with gaze behavior of programmers. In this report, we will introduce the idea of our gaze behavior analysis as well as experiments.
キーワード (和) 視線行動 / ソースコード / code2vec / / / / /  
(英) gaze behavior / source code / code2vec / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 88, NC2019-7, pp. 29-29, 2019年6月.
資料番号 NC2019-7 
発行日 2019-06-10 (NC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NC IBISML IPSJ-MPS IPSJ-BIO  
開催期間 2019-06-17 - 2019-06-19 
開催地(和) 沖縄科学技術大学院大学 
開催地(英) Okinawa Institute of Science and Technology 
テーマ(和) NC、機械学習によるバイオデータマイニング、一般 
テーマ(英) Neurocomputing, Machine Learning Approach to Biodata Mining, and General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NC 
会議コード 2019-06-NC-IBISML-MPS-BIO 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) アテンションモデルとの対比によるソースコード理解時のプログラマの視線行動分析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Gaze behavior analysis in source code comprehension through comparison with attention models 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 視線行動 / gaze behavior  
キーワード(2)(和/英) ソースコード / source code  
キーワード(3)(和/英) code2vec / code2vec  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 池田 聖華 / Kiyoka Ikea / イケダ キヨカ
第1著者 所属(和/英) 京都女子大学 (略称: 京都女子大)
Kyoto Women's University (略称: Kyoto Women's Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 久保 孝富 / Takatomi Kubo / クボ タカトミ
第2著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 幾谷 吉晴 / Yoshiharu Ikutani / イクタニ ヨシハル
第3著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 畑 秀明 / Hideaki Hata / ハタ ヒデアキ
第4著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) Nishanth Koganti / Nishanth Koganti /
第5著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 健史 / Takeshi Itoh / イトウ タケシ
第6著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 松本 健一 / Kenichi Matsumoto / マツモト ケンイチ
第7著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 丸野 由希 / Yuki Maruno / マルノ ユウキ
第8著者 所属(和/英) 京都女子大学 (略称: 京都女子大)
Kyoto Women's University (略称: Kyoto Women's Univ.)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) 池田 和司 / Kazushi Ikeda / イケダ カズシ
第9著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-06-17 15:40:00 
発表時間 15 
申込先研究会 NC 
資料番号 IEICE-NC2019-7 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.88 
ページ範囲 p.29 
ページ数 IEICE-1 
発行日 IEICE-NC-2019-06-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会