電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-06-16 13:20
コード化点字ブロックを利用した弱視者向け周辺情報提示手法の検討
飯田優也青木貴也早川智之澤野弘明愛知工大)・鈴木裕利中部大)・千葉和也W&M
技報オンラインサービス実施中(通ソ/ISS/ESS/エレソのみ)
抄録 (和) 本研究では点字ブロックを利用した情報提示手法を提案する.提案手法では点字ブロックに対してマー
カーを塗布し,周辺情報と紐付いたコードパターンに対応させる.弱視者がコード化点字ブロックを撮影することで,
弱視者に周辺情報が提示される.弱視の学生3 名に対して,提案手法の評価実験を行った.4 段階評価のアンケート
では,実験参加者から平均3.3 点という肯定的な結果が得られた. 
(英) We propose an information presentation method with a tactile paving. The tactile paving is painted with a code pattern in this method, and the pattern corresponds to surrounding information for guidance. Low vision person takes a coded tactile paving picture, and the surrounding information is provided. Three low vision research participants evaluated our method in an experiment. In the four-step questionnaire a positive result that an average score is 3.3 was obtained.
キーワード (和) 視覚障がい者 / 弱視者 / 点字ブロック / コード化点字ブロック / 周辺情報 / / /  
(英) visually impaired / low vision person / tactile paving / coded tactile paving / surrounding information / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 86, WIT2019-3, pp. 13-18, 2019年6月.
資料番号 WIT2019-3 
発行日 2019-06-09 (WIT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 WIT  
開催期間 2019-06-16 - 2019-06-16 
開催地(和) 早稲田大学 早稲田キャンパス 
開催地(英) Waseda University, Waseda Campus 
テーマ(和) 福祉情報工学,一般 
テーマ(英) Well-being Information Technology, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 WIT 
会議コード 2019-06-WIT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) コード化点字ブロックを利用した弱視者向け周辺情報提示手法の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on an Information Presentation Method with an Encoded Tactile Paving for a Low Vision Person 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 視覚障がい者 / visually impaired  
キーワード(2)(和/英) 弱視者 / low vision person  
キーワード(3)(和/英) 点字ブロック / tactile paving  
キーワード(4)(和/英) コード化点字ブロック / coded tactile paving  
キーワード(5)(和/英) 周辺情報 / surrounding information  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 飯田 優也 / Yuya Iida / イイダ ユウヤ
第1著者 所属(和/英) 愛知工業大学 (略称: 愛知工大)
Aichi Institute of Technology (略称: AIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 青木 貴也 / Takaya Aoki / アオキ タカヤ
第2著者 所属(和/英) 愛知工業大学 (略称: 愛知工大)
Aichi Institute of Technology (略称: AIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 早川 智之 / Tomoyuki Hayakawa / ハヤカワ トモユキ
第3著者 所属(和/英) 愛知工業大学 (略称: 愛知工大)
Aichi Institute of Technology (略称: AIT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 澤野 弘明 / Hiroaki Sawano / サワノ ヒロアキ
第4著者 所属(和/英) 愛知工業大学 (略称: 愛知工大)
Aichi Institute of Technology (略称: AIT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 裕利 / Yuri Suzuki / スズキ ユリ
第5著者 所属(和/英) 中部大学 (略称: 中部大)
Chubu University (略称: Chubu univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 千葉 和也 / Kazuya Chiba / チバ カズヤ
第6著者 所属(和/英) W&Mシステムコンサルタント (略称: W&M)
W&M system consultant (略称: W&M)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-06-16 13:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 WIT 
資料番号 IEICE-WIT2019-3 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.86 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-WIT-2019-06-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会