電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-06-16 15:15
パソコン要約筆記全体投影の読みやすさと表示文字数の関係 ~ 文字の大きさの影響 ~
森田ひろみ筑波大)・佐藤 匡吉備国際大)・山岡千恵子三宅初穂全要研
技報オンラインサービス実施中(通ソ/ISS/ESS/エレソのみ)
抄録 (和) 聴覚障害者の情報保障手段の一つとして講演会等で会場全体へ向けてパソコン要約筆記全体投影が行われるが,どのような表示条件が全体投影に最適であるかについてはあまり調べられていない.そこで,スクリーン上に表示される1行の表示文字数と読みやすさの関係を調べた.先行研究の実験では,1行に15文字ないし20文字まで表示される条件が最も読みやすいという結果が得られているが,本研究で文字の大きさを先行研究の2倍にして(視距離に依存して視角1.0°から1.7°)実験したところ,1行に15文字の表示条件の読みやすさは評価が高かったが,20文字の条件の評価は高くなかった.結果から,文字の大きさにより最も読みやすい表示文字数が異なることがわかる.文字が大きくなることにより行長が長くなることが読みやすさ低下につながる可能性が示唆された. 
(英) The projection of summary transcriptions to an audience is an important means of information support for persons with hearing impairment. However, the most optimal condition of its presentation on a screen has not been clarified. We therefore investigated the relationship between the number of characters per line and readability of the text. Our previous study showed that 15-20 characters per line make the text most readable. The present study used characters twice the size as the previous study and found that 15 characters per line, and not 20 made the text most readable. Thus the most readable number of characters per line differs depending upon the size of the characters. The results of the present study suggests that the expansion of the line length caused by the enlargement of the characters can decrease overall readability of the projected text.
キーワード (和) 聴覚障害者 / 情報保障 / 要約筆記 / 全体投影 / スクロール表示 / 読みやすさ / /  
(英) Hearing Impaired / Information support / Summary transcription / Total projection / Scrolling / Readability / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 86, WIT2019-7, pp. 31-36, 2019年6月.
資料番号 WIT2019-7 
発行日 2019-06-09 (WIT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 WIT  
開催期間 2019-06-16 - 2019-06-16 
開催地(和) 早稲田大学 早稲田キャンパス 
開催地(英) Waseda University, Waseda Campus 
テーマ(和) 福祉情報工学,一般 
テーマ(英) Well-being Information Technology, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 WIT 
会議コード 2019-06-WIT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) パソコン要約筆記全体投影の読みやすさと表示文字数の関係 
サブタイトル(和) 文字の大きさの影響 
タイトル(英) Investigating the Relationship between Numbers of Characters per Line and Readability of Projected Summary Transcriptions for Persons with Hearing Impairment 
サブタイトル(英) The Effect of the Size of Characters 
キーワード(1)(和/英) 聴覚障害者 / Hearing Impaired  
キーワード(2)(和/英) 情報保障 / Information support  
キーワード(3)(和/英) 要約筆記 / Summary transcription  
キーワード(4)(和/英) 全体投影 / Total projection  
キーワード(5)(和/英) スクロール表示 / Scrolling  
キーワード(6)(和/英) 読みやすさ / Readability  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 森田 ひろみ / Hiromi Morita / モリタ ヒロミ
第1著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
University of Tsukuba (略称: Univ. Tsukuba)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 匡 / Tadashi Sato / サトウ タダシ
第2著者 所属(和/英) 吉備国際大学 (略称: 吉備国際大)
Kibi International University (略称: Kibi Intl. Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山岡 千恵子 / Chieko Yamaoka / ヤマオカ チエコ
第3著者 所属(和/英) 全国要約筆記問題研究会 (略称: 全要研)
Zenyouken (略称: Zenyouken)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 三宅 初穂 / Hatsuho Miyake / ミヤケ ハツホ
第4著者 所属(和/英) 全国要約筆記問題研究会 (略称: 全要研)
Zenyouken (略称: Zenyouken)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-06-16 15:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 WIT 
資料番号 IEICE-WIT2019-7 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.86 
ページ範囲 pp.31-36 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-WIT-2019-06-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会