電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-06-16 10:00
モーションキャプチャデータを用いた日本手話の非手指信号の基本要素抽出の試み
酒向慎司安江謙太名工大
技報オンラインサービス実施中(通ソ/ISS/ESS/エレソのみ)
抄録 (和) 本研究では,手話の非手指信号として表出される様々な対象部位について,モーションキャプチャーデータを用いて共通する基本的な形状や動きの要素を抽出する手法に取り組んだ.有賀らによって提案された手指信号を対象とした手話の自動認識の研究で提案された,HMM(隠れマルコフモデル)による単語モデル間で共通するモデルパラメタを利用して,手指信号の共通部位を自動抽出する手法を参考にし,手話の非手指信号に対してでも同様に共通した非手指信号の抽出が可能であるか検証する. 
(英) In this research, we studyed on a method to extract common basic shape and motion elements using motion capture data for various target parts expressed as non-manual signals of Japanese sign language. We focused on the method of automatically extracting the common unit of the manual signal proposed by Ariga et al. This technique is the part of an HMM(hidden Markov model)-based automatic recognition system of sign language. In this paper, we try to verifiy whether the Ariga's method can extract common unit for the non-manual signal of sign language.
キーワード (和) 手話 / 基本要素 / モーションキャプチャ / / / / /  
(英) Sign lanugage / subunit / motion capture / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 86, WIT2019-1, pp. 1-5, 2019年6月.
資料番号 WIT2019-1 
発行日 2019-06-09 (WIT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 WIT  
開催期間 2019-06-16 - 2019-06-16 
開催地(和) 早稲田大学 早稲田キャンパス 
開催地(英) Waseda University, Waseda Campus 
テーマ(和) 福祉情報工学,一般 
テーマ(英) Well-being Information Technology, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 WIT 
会議コード 2019-06-WIT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) モーションキャプチャデータを用いた日本手話の非手指信号の基本要素抽出の試み 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A basic study on fundamental element extraction using motion capture data for mon-manual signals in JSL 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 手話 / Sign lanugage  
キーワード(2)(和/英) 基本要素 / subunit  
キーワード(3)(和/英) モーションキャプチャ / motion capture  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 酒向 慎司 / Shinji Sako / サコウ シンジ
第1著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: NITech)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 安江 謙太 / Kenta Yasue / ヤスエ ケンタ
第2著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: NITech)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-06-16 10:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 WIT 
資料番号 IEICE-WIT2019-1 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.86 
ページ範囲 pp.1-5 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-WIT-2019-06-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会