電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-06-14 11:10
TDMRにおけるニューラルネットワークLLR調整の一検討
西川まどか仲村泰明愛媛大)・金井 靖新潟工科大)・大沢 寿岡本好弘愛媛大
技報オンラインサービス実施中(エレソは開催日の前後のみ)  エレソ技報アーカイブはこちら
抄録 (和) 二次元磁気記録(TDMR : two-dimensional magnetic recording)を想定した瓦磁気記録(SMR : shingled magnetic recording)のための信号処理方式としてLDPC(low-density parity-check)符号化・繰返し復号化方式について検討している.これまでに,APP(a posteriori probability)復号器により復号信頼度として算出される対数尤度比(LLR : log-likelihood ratio)のうち,正しく復号された可能性の高いLLRをニューラルネットワークにより選択・調整することで効果的な繰返し復号が行えることを示した.本稿では,ニューラルネットワークの入力に復号対象ビットに影響を与えやすい隣接トラックのLLRを考慮することで繰返し復号の性能改善が得られることを明らかとしている.また,ニューラルネットワークにHGA(hybrid genetic algorithm)を適用することで復号対象ビットに影響を与えやすい隣接トラックのLLRが選択されることと,結合荷重の最適化により更なる繰返し復号の性能改善が得られることを明らかとしている. 
(英) In our previous research, we focused on a log-likelihood ratio (LLR) computed as the decoding reliability by a posteriori probability (APP) decoder on the low-density parity-check (LDPC) coding and iterative decoding system by a signal processing for the shingled magnetic recording (SMR) in two-dimensional magnetic recording (TDMR), and the proposed LLR modulator using neural network realizes effective iterative decoding in a read/write channel. In this report, we clarify that the performance improvement of iterative decoding can be obtained by considering LLRs of the adjacent track bits affecting to the decoding bit as the input of the neural network. Furthermore, we clarify that hybrid genetic algorithm (HGA) operations select LLRs by using the adjacent track LLRs affecting to the decoding bit and can update the connection weights of neural network for effective iterative decoding.
キーワード (和) SNR / TDMR / LDPC / LLR / ニューラルネットワーク / / /  
(英) SMR / TDMR / LDPC / LLR / Neural network / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 79, MRIS2019-8, pp. 53-58, 2019年6月.
資料番号 MRIS2019-8 
発行日 2019-06-06 (MRIS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MRIS ITE-MMS  
開催期間 2019-06-13 - 2019-06-14 
開催地(和) 東北大学 
開催地(英) Tohoku Univ. 
テーマ(和) 記録システム,一般 
テーマ(英) Recording Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MRIS 
会議コード 2019-06-MRIS-MMS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) TDMRにおけるニューラルネットワークLLR調整の一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A study on neural network LLR modulation in TDMR 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) SNR / SMR  
キーワード(2)(和/英) TDMR / TDMR  
キーワード(3)(和/英) LDPC / LDPC  
キーワード(4)(和/英) LLR / LLR  
キーワード(5)(和/英) ニューラルネットワーク / Neural network  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 西川 まどか / Madoka Nishikawa / ニシカワ マドカ
第1著者 所属(和/英) 愛媛大学 (略称: 愛媛大)
Ehime University (略称: Ehime Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 仲村 泰明 / Yasuaki Nakamura / ナカムラ ヤスアキ
第2著者 所属(和/英) 愛媛大学 (略称: 愛媛大)
Ehime University (略称: Ehime Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 金井 靖 / Yasushi Kanai / カナイ ヤスシ
第3著者 所属(和/英) 新潟工科大学 (略称: 新潟工科大)
Niigata Institute of Technology (略称: NIT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 大沢 寿 / Hisashi Osawa / オオサワ ヒサシ
第4著者 所属(和/英) 愛媛大学 (略称: 愛媛大)
Ehime University (略称: Ehime Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡本 好弘 / Yoshihiro Okamoto / オカモト ヨシヒロ
第5著者 所属(和/英) 愛媛大学 (略称: 愛媛大)
Ehime University (略称: Ehime Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-06-14 11:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MRIS 
資料番号 IEICE-MRIS2019-8 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.79 
ページ範囲 pp.53-58 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MRIS-2019-06-06 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会