お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-06-13 14:45
局所色補正法の改良に関する一提案
小島清一山口大)・植田祥明福岡大)・末竹規哲内野英治山口大SIS2019-7
抄録 (和) 明るい所と暗い所が混在するような状況で撮影された画像では,白飛びや黒つぶれが発生する.こうした画像に有効な画質改善手法として,N.Moroneyによって提案されたLocal Color Correction(LCC)がある.しかし,LCCには,明るさ調節用のパラメータの有効範囲が狭い,詳細部及びエッジ部とそれ以外で効果的なガウシアンフィルタのパラメータが異なるにも関わらず画像全体に同じパラメータが適用される,エッジ付近にハローが発生する,といった問題がある.これに対し,変換式を変形し,明度局所標準偏差に基づいて画素ごとにガウシアンフィルタのパラメータを決定し,マスク画像にクロスバイラテラルフィルタを用いることでこれらの問題を解決したLCCの改良手法を提案する. 
(英) It is difficult to take good pictures, when the scene has both of bright and dark regions. The visibility of the picture will be low, because dark regions are underexposure and bright regions are overexposure. N.Moroney proposed Local Color Correction(LCC) to improve the quality of such an image. LCC is a simple and effective method. However, it has some problems. Firstly, the scope of appropriate parameters for adjusting brightness is narrow. Secondly, although appropriate parameters of Gaussian filter are different for detail regions and other regions, only one parameter is adopted for entire image. Thirdly, LCC causes halo artifact. In this report, we propose an improvement method of LCC. In the proposed method, the intensity transform function is changed, different parameters are adopted for detail regions and other regions respectively and cross bilateral filter is used to prevent halo artifact.
キーワード (和) 画質改善 / ガンマ変換 / 平滑化 / クロスバイラテラルフィルタ / / / /  
(英) image enhancement / gamma correction / smoothing / cross bilateral filter / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 78, SIS2019-7, pp. 35-40, 2019年6月.
資料番号 SIS2019-7 
発行日 2019-06-06 (SIS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SIS2019-7

研究会情報
研究会 SIS IPSJ-AVM ITE-3DIT  
開催期間 2019-06-13 - 2019-06-14 
開催地(和) 福江文化会館 
開催地(英) Fukue Culture Center 
テーマ(和) 知的マルチメディアシステム, 組込み応用システム, 立体映像技術, 一般 
テーマ(英) Intelligent Multimedia Systems, Applied Enbedded Systems, Three-Dimensional Image Technology (3DIT), etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SIS 
会議コード 2019-06-SIS-AVM-3DIT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 局所色補正法の改良に関する一提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Proposal of Improvement Method of Local Color Correction 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 画質改善 / image enhancement  
キーワード(2)(和/英) ガンマ変換 / gamma correction  
キーワード(3)(和/英) 平滑化 / smoothing  
キーワード(4)(和/英) クロスバイラテラルフィルタ / cross bilateral filter  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小島 清一 / Seiichi Kojima / コジマ セイイチ
第1著者 所属(和/英) 山口大学 (略称: 山口大)
Yamaguchi University (略称: Yamaguchi Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 植田 祥明 / Yoshiaki Ueda / ウエダ ヨシアキ
第2著者 所属(和/英) 福岡大学 (略称: 福岡大)
Fukuoka University (略称: Fukuoka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 末竹 規哲 / Noriaki Suetake / スエタケ ノリアキ
第3著者 所属(和/英) 山口大学 (略称: 山口大)
Yamaguchi University (略称: Yamaguchi Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 内野 英治 / Eiji Uchino / ウチノ エイジ
第4著者 所属(和/英) 山口大学 (略称: 山口大)
Yamaguchi University (略称: Yamaguchi Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-06-13 14:45:00 
発表時間 20 
申込先研究会 SIS 
資料番号 IEICE-SIS2019-7 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.78 
ページ範囲 pp.35-40 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SIS-2019-06-06 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会