電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-06-11 12:05
無線電力伝送システムの受動素子回路モデル
羽賀 望群馬大)・高橋応明千葉大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) インピーダンス展開法(impedance expansion method:IEM)は,モーメント法に基づく電気的超小形デバイスの回路モデリング手法である.以前,IEMと固有モード解析を組み合わせることで,無線電力伝送システムの回路モデルを得た.しかしながら,上記の回路モデルでは,放射損失を表現するために,周波数の冪乗に比例する従属電圧源を用いていたため,汎用回路シミュレータ上で解析する上で不都合であった.本稿では,従属電圧源を受動素子のみで近似した回路モデル(受動素子回路モデル)について述べる. 
(英) The impedance expansion method (IEM) is a circuit modeling technique for electrically very small devices based on the method of moments. In the authors' previous work, a circuit model of wireless power transfer systems was obtained by utilizing the IEM and eigenmode analysis. However, there remains difficulty in analyzing the model on versatile circuit simulators because it employs dependent voltage sources proportional to the powers of the frequency to represent the radiation loss. In this report, a circuit model that approximates the dependent voltage sources only by passive elements (passive-element circuit model) is described.
キーワード (和) 無線電力伝送 / モーメント法 / インピーダンス展開法 / / / / /  
(英) wireless power transfer / method of moments / impedance expansion method / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 74, WPT2019-21, pp. 57-61, 2019年6月.
資料番号 WPT2019-21 
発行日 2019-06-03 (WPT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 WPT  
開催期間 2019-06-10 - 2019-06-11 
開催地(和) 北海道大学 百年記念会館 
開催地(英) Hokkaido Univ. 
テーマ(和) 無線電力伝送・一般 
テーマ(英) Wireless power transfer, others 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 WPT 
会議コード 2019-06-WPT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 無線電力伝送システムの受動素子回路モデル 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Passive-Element Circuit Model of a Wireless Power Transfer System 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 無線電力伝送 / wireless power transfer  
キーワード(2)(和/英) モーメント法 / method of moments  
キーワード(3)(和/英) インピーダンス展開法 / impedance expansion method  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 羽賀 望 / Nozomi Haga / ハガ ノゾミ
第1著者 所属(和/英) 群馬大学 (略称: 群馬大)
Gunma University (略称: Gunma Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 応明 / Masaharu Takahashi / タカハシ マサハル
第2著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-06-11 12:05:00 
発表時間 20 
申込先研究会 WPT 
資料番号 IEICE-WPT2019-21 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.74 
ページ範囲 pp.57-61 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-WPT-2019-06-03 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会