電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-06-10 13:20
受信端末駆動型MACプロトコルを用いたマルチホップネットワークにおける伝送経路形成・アクセス方法に関する検討
奥村亮太水谷圭一原田博司京大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) ガス・水道スマートメータに代表される,バッテリによる長期間駆動が必要な無線端末に好適なMACプロトコルとして,Feathery Receiver-Initiated Transmission (F-RIT) 等の受信端末駆動型Media Access Control (MAC) プロトコルがある.受信端末駆動型MACプロトコルを用いたマルチホップネットワークの特性についてはこれまでにも評価されているが, その多くは端末が独立に発呼し,データをPush型で1箇所に収集するものである.また, 実用的なシステムにおいては端末発呼通信だけでなくPull型のポーリング通信が行われる場合もあるが,端末発呼通信やポーリング通信といったマルチホップアクセス方法の選択が通信特性に与える影響についての報告はない.本稿では,受信端末駆動型MACプロトコルを用いたマルチホップネットワークにおいて,伝送経路形成・アクセス方法が通信特性に与える影響について検討する.F-RITを用いたマルチホップネットワークにおいて端末発呼通信とポーリング通信を行う場合について計算機シミュレーションにより評価し,高頻度データ収集時にはポーリング通信が端末発呼通信と比べて高い収集成功率を達成するが,一般にポーリング通信は端末発呼通信と比べて遅延や消費電流が大きくなることを示す. 
(英) Receiver-initiated Media Access Control (MAC) protocols such as the Feathery Receiver-Initiated Transmission (F-RIT) are suitable for wireless devices that require battery-powered long-term operation for gas and water smart meters. The performances of multi-hop network based on receiver-initiated MAC protocols have been reported. In many cases, the push-type calling systems (i.e., terminals cast their generated data individually to a collection station) are evaluated. Although many practical systems can provide not only calling but also pull-type polling communication, there are no report on the impact of access schemes of the calling or polling on the communication performance. In this report, the impact of transmission route configuration and access schemes on the communication performance in the receiver-initiated MAC protocol-based multi-hop network is discussed. The performance of F-RIT-based multi-hop network is evaluated by computer simulations in the cases that the calling communication and polling communication are used. Evaluation results show that the polling communication achieves higher collection success rate than the calling communication when data are collected frequently, but the polling communication generally requires larger delay and current consumption than the calling communication.
キーワード (和) 受信端末駆動型MACプロトコル / Wi-SUN / JUTAプロファイル / U-Bus Air / / / /  
(英) Receiver-Initiated MAC Protocol / Wi-SUN / JUTA Profile / U-Bus Air / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 73, SRW2019-8, pp. 41-46, 2019年6月.
資料番号 SRW2019-8 
発行日 2019-06-03 (SRW) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SRW  
開催期間 2019-06-10 - 2019-06-10 
開催地(和) アンリツ 
開催地(英) Anritsu 
テーマ(和) WLAN,WPAN,Ad-hoc関連技術,ミリ波通信,一般 
テーマ(英) WLAN, WPAN, Ad-hoc, mmWave, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SRW 
会議コード 2019-06-SRW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 受信端末駆動型MACプロトコルを用いたマルチホップネットワークにおける伝送経路形成・アクセス方法に関する検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Transmission Route Configuration and Access Schemes for Multi-Hop Networks based on Receiver-Initiated MAC Protocol 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 受信端末駆動型MACプロトコル / Receiver-Initiated MAC Protocol  
キーワード(2)(和/英) Wi-SUN / Wi-SUN  
キーワード(3)(和/英) JUTAプロファイル / JUTA Profile  
キーワード(4)(和/英) U-Bus Air / U-Bus Air  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 奥村 亮太 / Ryota Okumura / オクムラ リョウタ
第1著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 水谷 圭一 / Keiichi Mizutani / ミズタニ ケイイチ
第2著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 原田 博司 / Hiroshi Harada / ハラダ ヒロシ
第3著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-06-10 13:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SRW 
資料番号 IEICE-SRW2019-8 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.73 
ページ範囲 pp.41-46 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SRW-2019-06-03 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会