電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-06-09 11:35
過重力場における乱流火災の時空構造の非線形相互作用
冨上拓光後藤田 浩東京理科大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本研究グループでは,矩形火源上に形成される乱流火災を対象に,記号力学と統計力学的複雑さの視点から,乱流火災の速度場と温度場の時空構造のダイナミックスを明らかにしてきた[K. Takagi et al., Phys. Rev. E 96, 052223, 2017; K. Takagi et al., Phys. Lett. A 382, p. 3182, 2018; K. Takagi and H. Gotoda, Phys. Rev. E 98, 032207, 2018].しかしながら, 乱流火災の上流・下流領域における速度場と温度場の非線形相互作用は十分に明らかにされていない. 本報では, 記号力学と因果性解析を用いて, 速度場と温度場の非線形相互作用に及ぼす重力の影響を明らかにする. 
(英) We have numerically elucidated the nonlinear dynamics of flow velocity and temperature flow field during a buoyancy-driven turbulent fire from the viewpoints of symbolic dynamics and statistical complexity[K. Takagi et al., Phys. Rev. E 96, 052223, 2017; K. Takagi et al., Phys. Lett. A 382, p. 3182, 2018; K. Takagi and H. Gotoda, Phys. Rev. E 98, 032207, 2018]. However, nonlinear interaction between flow velocity and temperature fields from near- to far-field has yet to be fully studied. In this study, we reveal the effect of gravity on the nonlinear interaction using time series analysis based on symbolic dynamics and causality analysis.
キーワード (和) 乱流火災 / 因果性解析 / 記号力学 / 重力 / / / /  
(英) buoyancy-driven turbulent fire / causality analysis / symbolic dynamics / gravity / l / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 71, NLP2019-31, pp. 65-68, 2019年6月.
資料番号 NLP2019-31 
発行日 2019-05-31 (NLP, CCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 CCS NLP  
開催期間 2019-06-07 - 2019-06-09 
開催地(和) まちな かキャンパス長岡 
開催地(英) machinaka campus nagaoka 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2019-06-CCS-NLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 過重力場における乱流火災の時空構造の非線形相互作用 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Nonlinear interaction of spatiotemporal structure during a buoyancy-driven turbulent fire in enhanced gravity field 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 乱流火災 / buoyancy-driven turbulent fire  
キーワード(2)(和/英) 因果性解析 / causality analysis  
キーワード(3)(和/英) 記号力学 / symbolic dynamics  
キーワード(4)(和/英) 重力 / gravity  
キーワード(5)(和/英) / l  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 冨上 拓光 / Takumi Tokami / トカミ タクミ
第1著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: TUS)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 後藤田 浩 / Hiroshi Gotoda / ゴトウダ ヒロシ
第2著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: TUS)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-06-09 11:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NLP 
資料番号 IEICE-NLP2019-31,IEICE-CCS2019-14 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.71(NLP), no.72(CCS) 
ページ範囲 pp.65-68 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-NLP-2019-05-31,IEICE-CCS-2019-05-31 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会