電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-05-31 10:25
避難者リスト作成・照会システムのレジリエンス確保に関する実験的検証
西浦升人相川進一宮本進生構造計画研)・田上敦士植田一暁KDDI総合研究所
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 災害発生時に避難所で稼働する情報システムを設計する上で重要なことは,想定外の事象で機能不全に陥らないシステムを設計することである.一般に想定外の事象に備える方法として設備の冗長構成化が考えられるが,費用対効果の面から避難所では冗長構成化とは真逆のアプローチが求められる.つまり一部設備を失っても全体として機能不全に陥らないようなレジリエンスを確保することが重要となる.本稿では,避難所で稼働する避難者リスト作成・照会システムを対象に,レジリエンス確保を織り込んだシステム設計と実装方法について述べた後,評価実験を通してその有効性を検証する. 
(英) The important thing in designing an information system that operates in an evacuation shelter is to design a system that does not become dysfunctional due to unexpected events. In general, redundant configuration of facilities can be considered as a method to prepare for unexpected events, but in evacuation shelter case, from the aspect of cost-effectiveness, an approach that is the reverse of redundant configuration is required. In other words, it is important to ensure resiliency that will not result in overall malfunction even if several facilities are lost. In this paper, we describe a system design and implementation method incorporating resiliency for the evacuee list management system which operates in a evacuation shelter, and then verify its effectiveness through evaluation experiments.
キーワード (和) レジリエンス / ICN / DTN / 端末間通信 / / / /  
(英) Resilience / ICN / DTN / D2D Communication / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 60, ICTSSL2019-6, pp. 27-32, 2019年5月.
資料番号 ICTSSL2019-6 
発行日 2019-05-23 (ICTSSL) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 ICTSSL  
開催期間 2019-05-30 - 2019-05-31 
開催地(和) 北海道中小企業会館 
開催地(英) HOKKAIDO CHUSYO KIGYO KAIKAN 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICTSSL 
会議コード 2019-05-ICTSSL 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 避難者リスト作成・照会システムのレジリエンス確保に関する実験的検証 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) An Experimental Study to bring Resilience to Evacuee List Management System for Disaster Situation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) レジリエンス / Resilience  
キーワード(2)(和/英) ICN / ICN  
キーワード(3)(和/英) DTN / DTN  
キーワード(4)(和/英) 端末間通信 / D2D Communication  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 西浦 升人 / Masuto Nishiura / ニシウラ マスト
第1著者 所属(和/英) 構造計画研究所 (略称: 構造計画研)
KOZO KEIKAKU Engineering Inc. (略称: KKE)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 相川 進一 / Shin-Ichi Aikawa / アイカワ シンイチ
第2著者 所属(和/英) 構造計画研究所 (略称: 構造計画研)
KOZO KEIKAKU Engineering Inc. (略称: KKE)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮本 進生 / Michio Miyamoto / ミヤモト ミチオ
第3著者 所属(和/英) 構造計画研究所 (略称: 構造計画研)
KOZO KEIKAKU Engineering Inc. (略称: KKE)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 田上 敦士 / Atsushi Tagami / タガミ アツシ
第4著者 所属(和/英) KDDI総合研究所 (略称: KDDI総合研究所)
KDDI Research, Inc. (略称: KDDI Reearch, Inc.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 植田 一暁 / Kazuaki Ueda / ウエダ カズアキ
第5著者 所属(和/英) KDDI総合研究所 (略称: KDDI総合研究所)
KDDI Research, Inc. (略称: KDDI Reearch, Inc.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-05-31 10:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ICTSSL 
資料番号 IEICE-ICTSSL2019-6 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.60 
ページ範囲 pp.27-32 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ICTSSL-2019-05-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会