電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-05-31 10:50
小型自立移動式災害対策支援ユニットの移動モデルの検討
田島氷河井上勇気水野 修工学院大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 大規模な都市災害時において,災害対策本部から一般のユーザや防災に従事するユーザに対して災害関連情報の収集・配信が必要である.しかし,基地局の損壊,停電により,通信インフラの使用ができない,または制限される事象が発生すると,災害関連情報の収集・配信が困難となる.そこで,自立移動式災害対策支援ユニット(D-ZEV: Disaster-robust Zero Energy Vehicle)とD-ZEV miniを開発しており,東京都西新宿地区での運用を目指している.D-ZEV miniは通信システムとして,DTN機能を実装した無線LANアクセスポイントを車載しており,ユーザに対して災害関連情報を収集・配信する.実環境での運用を考えると,D-ZEV miniは走行するルートをあらかじめ検討する必要がある.本報告では,D-ZEV miniが走行するときの要件を抽出し,これらを満たすことが可能なルートを移動モデルとして提案する.さらに,実際の災害時で使用する東京都西新宿地区を想定したシミュレーションを行い,有効性を評価する.評価指標として,送信側が受信側に送信したデータの平均データ到達率,平均伝搬時間,平均ホップ数を測定する.また,比較対象として,提案した巡回する移動モデルとすれ違う移動モデルを比較する.シミュレーション結果より,D-ZEV miniの使用可能な台数に応じて,移動モデルを使い分けることで効果的な情報配信が可能であり,有効性を確認した. 
(英) At the time of a large-scale urban disaster, it is necessary to collect and distribute disaster-related information from the disaster response headquarters to general users and users engaged in disaster prevention. However, damage to base stations and power outages make it difficult to collect and distribute disaster-related information if events that prevent the use of communication infrastructure or are restricted occur. Therefore, we are developing a Disaster-robust Zero Energy Vehicle(D-ZEV) and a D-ZEV mini, aiming for operation in the Nishi-Shinjuku area, Tokyo. D-ZEV mini is equipped with a wireless LAN access point equipped with a DTN function as a communication system, and collects and distributes disaster related information to users. Considering operation in a real environment, D-ZEV mini needs to consider in advance the route to travel. In this report, we extract requirements when D-ZEV mini travels, and propose a route that can satisfy these as a travel model. Furthermore, we simulate the Nishi-Shinjuku area of Tokyo, which is used at the time of actual disaster, and evaluate the effectiveness. As an evaluation index, we measure the average data arrival rate, the average propagation time, and the average number of hops of the data sent from the sender to the receiver. We also compare the proposed moving model with the passing model as a comparison target. From the simulation results, it was possible to effectively distribute information by using mobile models according to the available number of D-ZEV mini, and the effectiveness was confirmed.
キーワード (和) DTN / メッセージフェリー / 減災 / 移動モデル / / / /  
(英) DTN / Message ferry / Disaster mitigation / Movement model / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 60, ICTSSL2019-7, pp. 33-38, 2019年5月.
資料番号 ICTSSL2019-7 
発行日 2019-05-23 (ICTSSL) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 ICTSSL  
開催期間 2019-05-30 - 2019-05-31 
開催地(和) 北海道中小企業会館 
開催地(英) HOKKAIDO CHUSYO KIGYO KAIKAN 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICTSSL 
会議コード 2019-05-ICTSSL 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 小型自立移動式災害対策支援ユニットの移動モデルの検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study of Movement Model for Small Disaster-robust Zero Energy Vehicle 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) DTN / DTN  
キーワード(2)(和/英) メッセージフェリー / Message ferry  
キーワード(3)(和/英) 減災 / Disaster mitigation  
キーワード(4)(和/英) 移動モデル / Movement model  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 田島 氷河 / Hyoga Tajima / タジマ ヒョウガ
第1著者 所属(和/英) 工学院大学 (略称: 工学院大)
Kogakuin University (略称: Kogakuin Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 井上 勇気 / Yuki Inoue / イノウエ ユウキ
第2著者 所属(和/英) 工学院大学 (略称: 工学院大)
Kogakuin University (略称: Kogakuin Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 水野 修 / Osamu Mizuno / ミズノ オサム
第3著者 所属(和/英) 工学院大学 (略称: 工学院大)
Kogakuin University (略称: Kogakuin Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-05-31 10:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ICTSSL 
資料番号 IEICE-ICTSSL2019-7 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.60 
ページ範囲 pp.33-38 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ICTSSL-2019-05-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会