電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-05-31 10:45
Proposal for Automatic Extraction Framework of Superconductors Related Information from Scientific Literature
Luca FoppianoThaer M. DiebAkira SuzukiMasashi IshiiNIMSSC2019-1
抄録 (和) The automatic collection of materials information from research papers using Natural Language Processing (NLP) is highly required for rapid materials development using big data, namely materials informatics (MI). The difficulty of this automatic collection is mainly caused by the variety of expressions in the papers, a robust system with tolerance to such variety is required to be developed. In this paper, we report an ongoing interdisciplinary work to construct a system for automatic collection of superconductor-related information from scientific literature using text mining techniques. We focused on the identification of superconducting material names and their critical temperature (Tc) key property. We discuss the construction of a prototype for extraction and linking using machine learning (ML) techniques for the physical information collection. From the evaluation using 500 sample documents, we define a baseline and a direction for future improvements. 
(英) The automatic collection of materials information from research papers using Natural Language Processing (NLP) is highly required for rapid materials development using big data, namely materials informatics (MI). The difficulty of this automatic collection is mainly caused by the variety of expressions in the papers, a robust system with tolerance to such variety is required to be developed. In this paper, we report an ongoing interdisciplinary work to construct a system for automatic collection of superconductor-related information from scientific literature using text mining techniques. We focused on the identification of superconducting material names and their critical temperature (Tc) key property. We discuss the construction of a prototype for extraction and linking using machine learning (ML) techniques for the physical information collection. From the evaluation using 500 sample documents, we define a baseline and a direction for future improvements.
キーワード (和) material informatics / superconductors / machine learning / nlp / tdm / / /  
(英) material informatics / superconductors / machine learning / nlp / tdm / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 66, SC2019-1, pp. 1-5, 2019年5月.
資料番号 SC2019-1 
発行日 2019-05-24 (SC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SC2019-1

研究会情報
研究会 SC  
開催期間 2019-05-31 - 2019-06-01 
開催地(和) 物質・材料研究機構(千現地区) 
開催地(英) National Institute for Materials Science 
テーマ(和) サイエンス・サービスプラットフォーム/データサービスと機械学習, 一般 
テーマ(英) Science Service Platform, Data Service and Machine Learning, etc 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SC 
会議コード 2019-05-SC 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Proposal for Automatic Extraction Framework of Superconductors Related Information from Scientific Literature 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) material informatics / material informatics  
キーワード(2)(和/英) superconductors / superconductors  
キーワード(3)(和/英) machine learning / machine learning  
キーワード(4)(和/英) nlp / nlp  
キーワード(5)(和/英) tdm / tdm  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) Luca Foppiano / Luca Foppiano /
第1著者 所属(和/英) National Institute for Materials Science (略称: 物質・材料研究機構)
National Institute for Materials Science (略称: NIMS)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) Thaer M. Dieb / Thaer M. Dieb /
第2著者 所属(和/英) National Institute for Materials Science (略称: 物質・材料研究機構)
National Institute for Materials Science (略称: NIMS)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) Akira Suzuki / Akira Suzuki /
第3著者 所属(和/英) National Institute for Materials Science (略称: 物質・材料研究機構)
National Institute for Materials Science (略称: NIMS)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) Masashi Ishii / Masashi Ishii /
第4著者 所属(和/英) National Institute for Materials Science (略称: 物質・材料研究機構)
National Institute for Materials Science (略称: NIMS)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-05-31 10:45:00 
発表時間 30 
申込先研究会 SC 
資料番号 IEICE-SC2019-1 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.66 
ページ範囲 pp.1-5 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-SC-2019-05-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会