お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-05-31 14:25
厳しい2重選択性伝搬路に有効な無線伝送方式に関する一検討 ~ 移動環境における高信頼水中音響通信の実現に向けて ~
久保博嗣立命館大CQ2019-30
抄録 (和) 本報告では,時間選択性と周波数選択性がきわめて厳しい2重選択性伝搬環境に有効な無線伝送方式に関して論じる.このような2重選択性伝搬環境の具体的な例としては,水中音響通信 (UWAC) や陸上音響通信があげられる.まず,本報告では,音響通信とRF帯の無線通信に関して,2重選択性伝搬環境の具体的なパラメータに関して論じる.次に,厳しい2重選択性伝搬環境に有効な無線伝送方式として,マルチキャリア差動時空符号化とその伝送路予測形復調方式に関して論じる.最後に,UWACに関して,音響電子機器を活用したオフライン音響通信性能評価装置にて計測したチャネル環境とビット誤り率 (BER) の実験結果について論じる.具体的には,音響実験水槽での移動環境特性と海洋浅瀬環境での長距離試験結果を明らかにする. 
(英) This paper discusses wireless transmission technologies for severe time- and frequnecy-selective channels, i.e., doubly selective channels.
Doubly selective channels are a serious problem for underwater acoustic communications (UWAC) and land mobile acoustic communications.
First, this paper discusses actual parameters on doubly selective channels for radio frequency (RF) wireless communications and acoustic communications.
Next, this paper discusses multi-carrier differential space-time coding and its demodulation schemes based on channel prediction for severely doubly selective channels.
Finally, this paper shows experimental results of channel environment and bit error rate (BER) performance measured by an off-line acoustic communication performance evaluation equipment using electronical acoustic devises, where experiments are performed in an experimental acoustic pool and an actual shallow underwater envirnment.
キーワード (和) 2重選択性伝搬路 / 水中音響通信 / 陸上移動体音響通信 / チャネルサウンダ / ソフトウェアモデム / / /  
(英) Doubly Selective Channels / nderwater Acoustic Communications / Land Mobile Acoustic Communications / Channel Sounders / Software MODEMs / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 61, CQ2019-30, pp. 95-100, 2019年5月.
資料番号 CQ2019-30 
発行日 2019-05-23 (CQ) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CQ2019-30

研究会情報
研究会 CQ  
開催期間 2019-05-30 - 2019-05-31 
開催地(和) 広島市立大学 
開催地(英) Hiroshima City University 
テーマ(和) 無線伝送効率,無線伝送品質,MIMO・ダイバーシチ・マルチプレキシング,無線リソース割当,クロスレイヤ技術,一般 
テーマ(英) Efficiency of Wireless Communications, Wireless Communication Quality, MIMO/Diversity/Multiplexing Techniques, Radio Resource Management, Cross-Layer Techniques, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CQ 
会議コード 2019-05-CQ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 厳しい2重選択性伝搬路に有効な無線伝送方式に関する一検討 
サブタイトル(和) 移動環境における高信頼水中音響通信の実現に向けて 
タイトル(英) Wireless Transmission Technologies for Severely Doubly Selective Channels 
サブタイトル(英) Towards Reliable Mobile Underwater Acoustic Communications 
キーワード(1)(和/英) 2重選択性伝搬路 / Doubly Selective Channels  
キーワード(2)(和/英) 水中音響通信 / nderwater Acoustic Communications  
キーワード(3)(和/英) 陸上移動体音響通信 / Land Mobile Acoustic Communications  
キーワード(4)(和/英) チャネルサウンダ / Channel Sounders  
キーワード(5)(和/英) ソフトウェアモデム / Software MODEMs  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 久保 博嗣 / Hiroshi Kubo / クボ ヒロシ
第1著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-05-31 14:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CQ 
資料番号 IEICE-CQ2019-30 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.61 
ページ範囲 pp.95-100 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CQ-2019-05-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会