お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-05-30 16:25
[招待講演]電波を用いた位置計測の特性
高橋 賢広島市大CQ2019-23
抄録 (和) 電波を用いた位置計測実験の結果を報告する.本報告は,ドップラレーダによる屋内2次元位置推定,船舶自動識別装置(AIS: Automatic Identification System)情報の処理,およびGNSS(Global Navigation Satellite System)衛星電波を用いた測位の結果からなる.ドップラレーダによる位置推定では,受信電波強度のしきい値を変化させて人体までの距離を推定することを提案する.AIS情報処理においては,より標高の高い陸上船舶監視局がより遠くの船舶を検出できるとはいえないことを示し,またAIS情報から船舶が接近回避行動を行う距離を推定する.GNSS測位に関しては,市販受信モジュールを用いて,その測位精度を比較する. 
(英) In this report, results of positioning experiments using radiowaves are shown. This report consists of two-dimensional positioning in indoors using Doppler radar, processing of AIS (Automatic Identification System) information in which ships transmit their own position, and positioning experiments using GNSS (Global Navigation Satellite System) radiowaves. In positioning with Doppler radar, the distance estimation to the human body by changing the threshold of received radiowave intensity is proposed. In AIS information processing, result that a higher altitude of the ship monitoring station does not always provide the maximum detection distance is shown. With AIS information, the distance that ship would act collision avoidance action is estimated. For GNSS positioning, the positioning accuracy using commercial receiver modules is compared.
キーワード (和) 電波位置計測 / ドップラレーダ / 船舶自動識別装置(AIS) / GNSS / リアルタイムキネマテック(RTK) / / /  
(英) radio positioning / Doppler radar / AIS (Automatic Identification System) / / realtime kinematic (RTK) / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 61, CQ2019-23, pp. 57-62, 2019年5月.
資料番号 CQ2019-23 
発行日 2019-05-23 (CQ) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CQ2019-23

研究会情報
研究会 CQ  
開催期間 2019-05-30 - 2019-05-31 
開催地(和) 広島市立大学 
開催地(英) Hiroshima City University 
テーマ(和) 無線伝送効率,無線伝送品質,MIMO・ダイバーシチ・マルチプレキシング,無線リソース割当,クロスレイヤ技術,一般 
テーマ(英) Efficiency of Wireless Communications, Wireless Communication Quality, MIMO/Diversity/Multiplexing Techniques, Radio Resource Management, Cross-Layer Techniques, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CQ 
会議コード 2019-05-CQ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 電波を用いた位置計測の特性 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Characteristics of positioning with radiowave 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 電波位置計測 / radio positioning  
キーワード(2)(和/英) ドップラレーダ / Doppler radar  
キーワード(3)(和/英) 船舶自動識別装置(AIS) / AIS (Automatic Identification System)  
キーワード(4)(和/英) GNSS /  
キーワード(5)(和/英) リアルタイムキネマテック(RTK) / realtime kinematic (RTK)  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 賢 / Satoshi Takahashi / タカハシ サトシ
第1著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-05-30 16:25:00 
発表時間 40 
申込先研究会 CQ 
資料番号 IEICE-CQ2019-23 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.61 
ページ範囲 pp.57-62 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CQ-2019-05-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会