お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-05-30 10:55
無給電素子を用いたモノポール給電多方向伝送方式の検討
満井 勉平栗健史日本工大)・西森健太郎新潟大CQ2019-11
抄録 (和) 本研究では,無給電素子を用いた電波方式によるモノポール給電多方向電力伝送方式を提案し,その動作原理を確認した.提案方式は,モノポール給電の無指向性を用いるため,複数方向への電力伝送が可能であり,さらに無給電素子との結合により,各方向への電力利得を強める効果を持つ.本稿では,計算機シミュレーションを用いて結合を高める無給電素子の基本的な効果を確認するとともに,複数方向における結合量を増加させる複数無給電素子の配置方法を検証した.無給電素子数を4 ~16 とした場合の結合量を解析し,結合量が最大となる無給電素子およびモノポールの配置位置を求めている.無給電素子の配置と結合量の関係,無給電素子数と結合量の関係の定量評価を行い、最適な配置、結合要因を明らかにした. 
(英) In this paper, we verified the basic effect of parasitic elements that enhances coupling by computer simulation then evaluated the arrangement to increase the coupling amount in multiple directions. In this evaluation, the electric field distribution and the coupling amount in the 4 to 16 directions are analyzed, when a monopole and the parasitic elements are parameters. And the arrangement of the parasitic elements and the monopole at which the coupling amount becomes maximum is obtained. In these evaluations, it is confirmed that the relationship of between the coupling amount and the parasitic elements and the coupling factor.
キーワード (和) 電力伝送 / 電波方式 / モノポール / 無給電素子 / / / /  
(英) Power transmission / Radio wave method / Molopole, / Parasitic elements / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 61, CQ2019-11, pp. 7-12, 2019年5月.
資料番号 CQ2019-11 
発行日 2019-05-23 (CQ) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CQ2019-11

研究会情報
研究会 CQ  
開催期間 2019-05-30 - 2019-05-31 
開催地(和) 広島市立大学 
開催地(英) Hiroshima City University 
テーマ(和) 無線伝送効率,無線伝送品質,MIMO・ダイバーシチ・マルチプレキシング,無線リソース割当,クロスレイヤ技術,一般 
テーマ(英) Efficiency of Wireless Communications, Wireless Communication Quality, MIMO/Diversity/Multiplexing Techniques, Radio Resource Management, Cross-Layer Techniques, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CQ 
会議コード 2019-05-CQ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 無給電素子を用いたモノポール給電多方向伝送方式の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A study on monopole feed multi-directional transmission system using parasitic elements 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 電力伝送 / Power transmission  
キーワード(2)(和/英) 電波方式 / Radio wave method  
キーワード(3)(和/英) モノポール / Molopole,  
キーワード(4)(和/英) 無給電素子 / Parasitic elements  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 満井 勉 / Tsutomu Mitsui / ミツイ ツトム
第1著者 所属(和/英) 日本工業大学 (略称: 日本工大)
Nippon Institute of Technology (略称: NIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 平栗 健史 / Takefumi Hiraguri / ヒラグリ タケフミ
第2著者 所属(和/英) 日本工業大学 (略称: 日本工大)
Nippon Institute of Technology (略称: NIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 西森 健太郎 / Kentaro Nishimori / ニシモリ ケンタロウ
第3著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigta University (略称: Niigata Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-05-30 10:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CQ 
資料番号 IEICE-CQ2019-11 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.61 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CQ-2019-05-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会