電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-05-30 15:55
[依頼講演]高信頼大規模LoRaWANサービスのためのマルチユーザACK集約方式の実装
長谷川洋平NEC)・鈴木一哉秋田県立大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 大規模なIoT通信システムとして注目を集めるLoRaWANであるが,ユーザの多様化により通信の信頼性向上が課題とされる場合が増えた.これに対して,我々が提案する「マルチユーザACK集約方式」は、ネットワークサーバにて多数の端末へのACKを集約送信することで、ACKによる無線資源消費を大幅に抑制する.本発表では,マルチユーザACK集約方式を端末とネットワークサーバに実装し,これを含むLoRaWANシステムで所望の動作を得たことを報告する.実装した提案方式により,LoRaWANシステムの大規模性を損なわず,高信頼通信が可能となった.なお,従来のACKを用いる通信と比較すると収容できる端末数を2~30倍ほど増大できる見込みである. 
(英) In this paper, we show an implementation of the Multi-user ACK-frame aggregation method for large-scale reliable LoRaWAN services. The proposed method cumulates ACKs for multiple packets for multiple user-nodes. We implemented the proposed method on LoRaWAN End-Device and LoRaWAN Network-Server, and we validated that the system with the proposed system worked properly. Considering experimental results, we expect that the system will serve for 2 to 30 times more EDs than the ordinary LoRaWAN system. It is our future work to deploy our techniques for reliable large-scale IoT service such as LP-gas metering.
キーワード (和) IoT / LPWA / ACK / / / / /  
(英) IoT / LPWA / ACK / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 62, SR2019-8, pp. 49-56, 2019年5月.
資料番号 SR2019-8 
発行日 2019-05-23 (SR) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SR  
開催期間 2019-05-30 - 2019-05-31 
開催地(和) 東京ビッグサイト 
開催地(英) Tokyo Big Sight 
テーマ(和) LPWA、技術展示,一般 
テーマ(英) Technical Exhibition, LPWA, General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SR 
会議コード 2019-05-SR 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 高信頼大規模LoRaWANサービスのためのマルチユーザACK集約方式の実装 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Implementation of Multi-User ACK Aggregation Method for Large-Scale Reliable LoRaWAN Services 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) IoT / IoT  
キーワード(2)(和/英) LPWA / LPWA  
キーワード(3)(和/英) ACK / ACK  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 長谷川 洋平 / Yohei Hasegawa / ハセガワ ヨウヘイ
第1著者 所属(和/英) 日本電気株式会社 (略称: NEC)
NEC Corporation (略称: NEC Corp.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 一哉 / Kazuya Suzuki /
第2著者 所属(和/英) 秋田県立大学 (略称: 秋田県立大)
Akita Prefectural University (略称: Akita Pref. Uni.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-05-30 15:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SR 
資料番号 IEICE-SR2019-8 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.62 
ページ範囲 pp.49-56 
ページ数 IEICE-8 
発行日 IEICE-SR-2019-05-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会