電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-05-30 15:00
情報フローティングによる情報の蓄積に関する考察
中野敬介宮北和之柄沢直之新潟大)・田村 裕中大
抄録 (和) 情報フローティングとは,移動体同士の直接無線通信を送信可能エリアと呼ばれる領域だけで行うことにより,不必要な情報拡散を防ぎながら,送信可能エリア周辺の移動体に情報を伝達する手法である.情報フローティングを空間情報を収集・蓄積するためのセンサネットワークとして利用し,災害時の通行可能経路情報の収集・蓄積・配信を行うことが提案されている.本報告では,1次元サービスエリアにおける情報フローティングの情報蓄積の理論的な性能評価を行う. 
(英) Information Floating is a method to deliver information without disordered diffusion by permitting mobile nodes to transmit information by direct wireless communication only in areas called Transmittable Areas. As an application, Information Floating can be used as an sensor network to collect and store spatial information. This idea can be used to collect, store and share information on available routes in disaster situations. In this report, we theoretically evaluate performance of information storage by Information Floating in a one-dimensional service area.
キーワード (和) 情報フローティング / センサネットワーク / 蓄積 / 理論解析 / 送信可能エリア / DTN / /  
(英) Information Floating / sensor network / storage / theoretical analysis / transmittable area / DTN / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 60, ICTSSL2019-1, pp. 1-6, 2019年5月.
資料番号 ICTSSL2019-1 
発行日 2019-05-23 (ICTSSL) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 ICTSSL  
開催期間 2019-05-30 - 2019-05-31 
開催地(和) 北海道中小企業会館 
開催地(英) HOKKAIDO CHUSYO KIGYO KAIKAN 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICTSSL 
会議コード 2019-05-ICTSSL 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 情報フローティングによる情報の蓄積に関する考察 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A consideration on storing of information by information floating 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 情報フローティング / Information Floating  
キーワード(2)(和/英) センサネットワーク / sensor network  
キーワード(3)(和/英) 蓄積 / storage  
キーワード(4)(和/英) 理論解析 / theoretical analysis  
キーワード(5)(和/英) 送信可能エリア / transmittable area  
キーワード(6)(和/英) DTN / DTN  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中野 敬介 / Keisuke Nakano / ナカノ ケイスケ
第1著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮北 和之 / Kazuyuki Miyakita / ミヤキタ カズユキ
第2著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 柄沢 直之 / Naoyuki Karasawa / カラサワ ナオユキ
第3著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 田村 裕 / Hiroshi Tamura / タムラ ヒロシ
第4著者 所属(和/英) 中央大学 (略称: 中大)
Chuo University (略称: Chuo Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-05-30 15:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ICTSSL 
資料番号 IEICE-ICTSSL2019-1 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.60 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ICTSSL-2019-05-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会