電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-05-30 16:45
スペクトラムデータベースを活用したLPWA向け周波数共用手法の検討
山崎悠大藤井威生電通大)・田久 修信州大)・太田真衣福岡大)・安達宏一電通大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 現在,多くのLPWA では通信頻度(DC:,Duty Cycle) を固定値以下に制限することで,アップリ
ンク通信時のパケット衝突を抑制している.しかし,LPWA 端末数が増加した場合,従来の固定DC 値ではパケット
衝突が発生し,通信品質の劣化が問題となる.そ
こで本稿では,実観測型スペクトラムデータベース(MSD:,Measurement-based Spectrum Database)と連携し,他システムへの干渉時間比率およびアップリンク通信時のパケットロス率を許容値以下に
抑えるDC 値設定アルゴリズムを提案する.提案手法では,MSD により他システム端末に干渉するLoRa端末数を把握し,許容干渉時間比率を考
慮したDC値を計算する.加えて,許容パケットロス率に基づきDC 値を更新し,通信効率の向上を図る.提案手
法の有効性を評価するため,計算機シミュレーションにより平均干渉時間比率および平均パケットロス率を評価した.シミュレーション結果より,固定DC 値の場合と比較して,許容干渉時間比率および許容パケットロス率を正確に保証できることを示す. 
(英) In the most of current low power wide area (LPWA), packet collisions of uplink communication are controlled by setting duty cycle (DC), which controls the transmission cycle not to exceed the predefined fixed threshold.
However, as the number of LPWA nodes increases, the fixed DC fatally increases the number of packet collisions and degrades the communication quality.
Therefore, in this paper, we propose an adaptive DC decision algorithm.
The proposed algorithm aims at adapting the period that the system interferes with others and reducing the packet loss rate of uplink communication of the whole system to below the required value by adapting DC with the help of measurement-based spectrum database (MSD).
In the proposed method, MSD knows the number of LoRa nodes that interfere with the nodes of other systems.
The DC is calculated for keeping the period of interference to less than a certain duration.
In addition, the DC is also adapted based on the required packet loss rate to improve communication efficiency.
Computer simulation results show that the allowable interference time ratio and the required packet loss rate can be accurately guaranteed compared to the conventional method with the fixed DC even if the number of nodes increases.
キーワード (和) スペクトラムデータベース / LPWA / 周波数共用 / / / / /  
(英) Spectrum Database / LPWA / Spectrum Sharing / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 62, SR2019-10, pp. 63-68, 2019年5月.
資料番号 SR2019-10 
発行日 2019-05-23 (SR) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SR  
開催期間 2019-05-30 - 2019-05-31 
開催地(和) 東京ビッグサイト 
開催地(英) Tokyo Big Sight 
テーマ(和) LPWA、技術展示,一般 
テーマ(英) Technical Exhibition, LPWA, General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SR 
会議コード 2019-05-SR 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) スペクトラムデータベースを活用したLPWA向け周波数共用手法の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Spectrum Sharing exploiting Spectrum Database for LPWA 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) スペクトラムデータベース / Spectrum Database  
キーワード(2)(和/英) LPWA / LPWA  
キーワード(3)(和/英) 周波数共用 / Spectrum Sharing  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山崎 悠大 / Yudai Yamazaki / ヤマザキ ユウダイ
第1著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤井 威生 / Takeo Fujii / フジイ タケオ
第2著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 田久 修 / Osamu Takyu / タキュウ オサム
第3著者 所属(和/英) 信州大学 (略称: 信州大)
Shinshu University (略称: Shinshu Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 太田 真衣 / Mai Ohta / オオタ マイ
第4著者 所属(和/英) 福岡大学 (略称: 福岡大)
Fukuoka University (略称: Fukuoka Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 安達 宏一 / Koichi Adachi / アダチ コウイチ
第5著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-05-30 16:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SR 
資料番号 IEICE-SR2019-10 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.62 
ページ範囲 pp.63-68 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SR-2019-05-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会