電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-05-30 11:20
網内の魚の振る舞いを表現した状態空間モデルによる定置網漁のための日単位漁獲量予測
幸加木裕也俵 直弘小林哲則橋本和夫早大)・福嶋正義井戸上 彰KDDI総合研究所)・小川哲司早大
抄録 (和) 定置網漁に関する知識を組み込んだ状態空間モデルを作成し,日単位の漁獲量予測に適用することを試みた.日々の漁獲量の正確な予測は,漁業従事者の意思決定,ならびに漁業の効率的なオペレーションに貢献する.本 研究では,定置網における漁獲量予測に適したモデルとして,定置網内の魚の振る舞いを確率的に記述した状態空間 モデルを構築することを試みた.このモデルでは,ハミルトニアンモンテカルロ法によりパラメータの推定と予測を逐次的に行う枠組みとなっている.小型定置網漁における実際の漁獲量データと公開されている周辺海域の気象データを用いて日単位漁獲量予測実験を行ったところ,定置網漁の知識を組み込んだモデルを用いることで,典型的な状態空間モデルの予測誤りを大幅に削減できることがわかった. 
(英) A state space model that incorporates knowledge on fixed shore net fishing was developed and suc- cessfully applied to daily fish catch forecasting. Accurate daily fish catch prediction can support fishery workers with their decision-making and efficient operation. The present study attempts to develop a fish catch forecasting method using a state space model that describes probabilistic behaviors of fish inside the net. In this method, the parameter estimation and forecasting are sequentially carried out using Hamiltonian Monte Carlo method. The experimental comparisons conducted using actual fish catch data and public meteorological data demonstrated that the developed forecasting system suitable for fixed shore net fishing reduced significant prediction errors over the systems using legacy state space models.
キーワード (和) ハミルトニアンモンテカルロ / 状態空間モデル / 定置網漁 / 漁獲量予測 / / / /  
(英) Hamiltonian Monte Carlo / State space model / Fixed shore net fishing / Fish catch forecasting / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 64, PRMU2019-3, pp. 13-18, 2019年5月.
資料番号 PRMU2019-3 
発行日 2019-05-23 (PRMU) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 PRMU IPSJ-CVIM  
開催期間 2019-05-30 - 2019-05-31 
開催地(和) オリンピック記念青少年センタ 
開催地(英)  
テーマ(和) 第一次産業 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PRMU 
会議コード 2019-05-PRMU-CVIM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 網内の魚の振る舞いを表現した状態空間モデルによる定置網漁のための日単位漁獲量予測 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Daily Fish Catch Forecasting For Fixed Shore Net Fishing Using State Space Model Describing Probabilistic Behavior of Fish Inside Net 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ハミルトニアンモンテカルロ / Hamiltonian Monte Carlo  
キーワード(2)(和/英) 状態空間モデル / State space model  
キーワード(3)(和/英) 定置網漁 / Fixed shore net fishing  
キーワード(4)(和/英) 漁獲量予測 / Fish catch forecasting  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 幸加木 裕也 / Yuya Kokaki / コウカキ ユウヤ
第1著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 俵 直弘 / Naohiro Tawara / タワラ ナオヒロ
第2著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 小林 哲則 / Tetsunori Kobayashi / コバヤシ テツノリ
第3著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 橋本 和夫 / Kazuo Hashimoto / ハシモト カズオ
第4著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 福嶋 正義 / Masayoshi Hukushima / フクシマ マサヨシ
第5著者 所属(和/英) KDDI総合研究所 (略称: KDDI総合研究所)
KDDI Research, Inc. (略称: KDDI Research)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 井戸上 彰 / Akira Idoue / イドウエ アキラ
第6著者 所属(和/英) KDDI総合研究所 (略称: KDDI総合研究所)
KDDI Research, Inc. (略称: KDDI Research)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 小川 哲司 / Ogawa Tetsuji / オガワ テツジ
第7著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-05-30 11:20:00 
発表時間 15 
申込先研究会 PRMU 
資料番号 IEICE-PRMU2019-3 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.64 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-PRMU-2019-05-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会