電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-05-30 14:50
実データに基づく円形アレーを用いた到来方向推定に関する考察
上村早紀西森健太郎谷口諒太郎新潟大)・猪又 稔北尾光司郎今井哲朗NTTドコモ
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 第5世代移動通信システム(5G)では,ミリ波帯の使用が想定されている.5Gでは,Massive MIMOの導入が検討されている.ミリ波のような伝搬損失が大きい環境において,Massive MIMOは端末の位置に応じて,ビームフォーミングを実現できる.したがって,ミリ波帯での到来方向の把握は重要である.本報告では,新潟市の市街地において19GHz帯の256素子のMassive Arrayを用いて,水平方向に注目した場合の電力・遅延時間・到来方向の関係を明らかにする.また,Beam Former(BF)による到来方向の推定結果を示す.円形アレーでは,到来する信号がある方向に限定されていることも示すとともに,BFによる到来方向推定結果により,ミリ波ではクラスタ数は多くても 2~3個程度であることを示す. 
(英) Use of the 5-generation mobile communication system (5G) in the millimeter wave band is assumed. In 5G, introduction of Massive MIMO is being considered. Massive MIMO can realize beamforming according to the position of the terminal in the environment with large propagation loss such as millimeter wave. Therefore, it is important to understand the direction of arrival in the millimeter wave band. In this report, we clarify the relationship between power, delay time, and direction of arrival when focusing on the horizontal direction by using a Massive array of 256 elements in 19 GHz band in the urban area of Niigata City. Also shows the arrival direction estimation result by the Beam Former (BF). In the circular array, it is also shown that the incoming signal is limited to a certain direction, and the arrival direction estimation result by BF shows that the number of clusters is at most about 2 to 3 in millimeter wave.
キーワード (和) Massive MIMO / 到来方向推定 / ビームフォーマー法 / 円形アレー / / / /  
(英) Massive MIMO / direction of arrival estimation / Beam Former / circular array / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 61, CQ2019-19, pp. 43-46, 2019年5月.
資料番号 CQ2019-19 
発行日 2019-05-23 (CQ) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 CQ  
開催期間 2019-05-30 - 2019-05-31 
開催地(和) 広島市立大学 
開催地(英) Hiroshima City University 
テーマ(和) 無線伝送効率,無線伝送品質,MIMO・ダイバーシチ・マルチプレキシング,無線リソース割当,クロスレイヤ技術,一般 
テーマ(英) Efficiency of Wireless Communications, Wireless Communication Quality, MIMO/Diversity/Multiplexing Techniques, Radio Resource Management, Cross-Layer Techniques, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CQ 
会議コード 2019-05-CQ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 実データに基づく円形アレーを用いた到来方向推定に関する考察 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Consideration on direction of arrival estimation using circular array based on measurement results 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Massive MIMO / Massive MIMO  
キーワード(2)(和/英) 到来方向推定 / direction of arrival estimation  
キーワード(3)(和/英) ビームフォーマー法 / Beam Former  
キーワード(4)(和/英) 円形アレー / circular array  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 上村 早紀 / Saki Uemura / ウエムラ サキ
第1著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 西森 健太郎 / Kentaro Nishimori / ニシモリ ケンタロウ
第2著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 谷口 諒太郎 / Ryotaro Taniguchi / タニグチ リョウタロウ
第3著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 猪又 稔 / Minoru Inomata / イノマタ ミノル
第4著者 所属(和/英) NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT Docomo (略称: Docomo)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 北尾 光司郎 / Koshiro Kitao / キタオ コウシロウ
第5著者 所属(和/英) NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT Docomo (略称: Docomo)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 今井 哲朗 / Tetsuro Imai / イマイ テツロウ
第6著者 所属(和/英) NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT Docomo (略称: Docomo)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-05-30 14:50:00 
発表時間 15 
申込先研究会 CQ 
資料番号 IEICE-CQ2019-19 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.61 
ページ範囲 pp.43-46 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-CQ-2019-05-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会