お知らせ 6月18日(火)18:00~23:00 システムメンテナンスのため学会の全てのサーバが停止いたします.
くわしくはこちらをごらんください.
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-05-29 15:30
[ポスター講演]無線BAN伝搬路特性を用いたリアルタイム人体動作同定システムの開発
市川裕貴・○三田雅大金 ミンソク新潟大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本稿では,先行研究で得られた知見をもとにリアルタイムで動作同定を行うシステムの開発を行った結果について報告する.市販の無線センサモジュールを用いてWBAN 測定環境を構築し,人体動作に対して体表に取り付けられた4 つのセンサにおけるセンサ‐コーディネータ間の伝搬路特性の測定を実施した.測定した時系列データにパケットロス補間や標準化などの前処理を行った後,特徴量を計算・チューニングし機械学習による人体動作の同定を行った.機械学習では,先行研究において同様の傾向が見られた特徴量に対し,データのばらつきを尺度とした特徴量削減を行った.その結果,データの処理時間をリアルタイムでの実用が可能なレベルに収めることができ,実際に同定可能であることも確認できた. 
(英) In this article, a real-time motion identification system is presented which has been developed based on the knowledge obtained through the authors' previous works. At the beginning, we built up a custom wearable BAN channel measurement system with a commercial off-the-shelf sensor network system, where a radio signal strength between four sensors and coordinator could be measured. After preprocessing of interpolation and standardization for the measured raw data, the features are calculated and adjusted, and then body motion is identified by machine learning algorithm. In machine learning, we reduced the number of features based on the correlation of the temporal variation of data. As a result, we confirmed that the processing time of the data could be kept to the level that could be put to practical use, and verified that body motion could actually be identified in real-time.
キーワード (和) 機械学習 / 特徴量 / 決定木 / BAN / 伝搬路特性 / LQI / 動作同定 /  
(英) machine learning / feature / decision tree / BAN / radio channel / LQI / motion identification /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 59, MICT2019-7, pp. 29-33, 2019年5月.
資料番号 MICT2019-7 
発行日 2019-05-22 (RCC, MICT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCC MICT  
開催期間 2019-05-29 - 2019-05-30 
開催地(和) 東京ビッグサイト 
開催地(英) TOKYO BIG SIGHT 
テーマ(和) 制御通信に関するすべてのトピックス(通信方式,アクセス方式,制御理論,ネットワーク制御,セキュリティ,遠隔制御,制御応用,システム紹介,その他) ヘルスケア・医療情報通信技術 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MICT 
会議コード 2019-05-RCC-MICT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 無線BAN伝搬路特性を用いたリアルタイム人体動作同定システムの開発 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Development of Real-time Body Motion Identification System using Radio Channel Characteristics in Wireless BAN 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 機械学習 / machine learning  
キーワード(2)(和/英) 特徴量 / feature  
キーワード(3)(和/英) 決定木 / decision tree  
キーワード(4)(和/英) BAN / BAN  
キーワード(5)(和/英) 伝搬路特性 / radio channel  
キーワード(6)(和/英) LQI / LQI  
キーワード(7)(和/英) 動作同定 / motion identification  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 市川 裕貴 / Yuki Ichikawa / イチカワ ユウキ
第1著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 三田 雅大 / Masahiro Mitta / ミッタ マサヒロ
第2著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 金 ミンソク / Minseok Kim / キム ミンソク
第3著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-05-29 15:30:00 
発表時間 120 
申込先研究会 MICT 
資料番号 IEICE-RCC2019-7,IEICE-MICT2019-7 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.58(RCC), no.59(MICT) 
ページ範囲 pp.29-33 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-RCC-2019-05-22,IEICE-MICT-2019-05-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会