電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-05-25 11:25
AIへの新規参加者に対するAI教育法の開発 ~ 非IT技術者および営業担当者へのAI教育はどうあるべきか ~
小泉寿男M2M研究会
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) AIは殆ど全ての分野に適用されつつある.多くのAIシステムが構築され,実用化されるためには,IT系以外の技術者も構築に参加する必要がある.さらに,営業担当者も担当機種の価値向上のためにAIのニーズを創出する必要がある.また,AIの利活用者は,必要なAIの知識を学んで有意義な利活用をすることが期待される.本稿では,非IT技術者が自分の専門技術にAIを取り入れるための「AIプロトタイプ構築に教育法」,および営業担当者やAI利活用者向けの「AIニーズ創出法」を提案する.さらに本稿では,我々が本提案の1部機能を企業技術者や大学生に適用中の概要と今後の計画について述べる. 
(英) (Available after conference date)
キーワード (和) AI / IT系 / 非IT系 / プロトタイプ構築 / AIニーズ創出 / / /  
(英) / / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 57, SWIM2019-10, pp. 65-72, 2019年5月.
資料番号 SWIM2019-10 
発行日 2019-05-17 (KBSE, SWIM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SWIM KBSE  
開催期間 2019-05-24 - 2019-05-25 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) デジタルエコノミーとインタプライズ,知能ソフトウェアエンジニアリング,他一般, 学生 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SWIM 
会議コード 2019-05-SWIM-KBSE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) AIへの新規参加者に対するAI教育法の開発 
サブタイトル(和) 非IT技術者および営業担当者へのAI教育はどうあるべきか 
タイトル(英) Development of AI education method for new participants to AI 
サブタイトル(英) How should AI education be to non-IT engineers and sales personnel 
キーワード(1)(和/英) AI /  
キーワード(2)(和/英) IT系 /  
キーワード(3)(和/英) 非IT系 /  
キーワード(4)(和/英) プロトタイプ構築 /  
キーワード(5)(和/英) AIニーズ創出 /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小泉 寿男 / Hisao Koizumi / コイズミ ヒサオ
第1著者 所属(和/英) NPO法人M2M・IoT研究会 (略称: M2M研究会)
Study Group of M2M (略称: Study Group of M2M)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-05-25 11:25:00 
発表時間 45 
申込先研究会 SWIM 
資料番号 IEICE-KBSE2019-10,IEICE-SWIM2019-10 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.56(KBSE), no.57(SWIM) 
ページ範囲 pp.65-72 
ページ数 IEICE-8 
発行日 IEICE-KBSE-2019-05-17,IEICE-SWIM-2019-05-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会