電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-05-25 09:45
確率的モデル検査器を用いたFRAM支援手法の試案
青木善貴NUL)・小形真平信州大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) FRAM (Functional Resonance Analysis Method)は複雑な技術システムを分析しモデル化する分析手法である.FRAMモデルはシステムの異なる複数の機能間の相互作用を端的に表すことができる.この相互作用が生じる回数や確率は機能間ごとに異なり,その偏りが事故に結びつくことがある.そこで本研究ではFRAMモデルを,確率を扱えるモデル検査ツールPRISM により数値化し解析することにより,FRAMによる想定外の事象の要因分析を支援することを目的としている.FRAM モデルをPRISM モデルへ変換する方法及び,PRISMモデルを通じて定量的にFRAMモデルの振る舞いを検証する. 
(英) FRAM (Functional Resonance Analysis Method) is an analysis method to analyze and model a complex technical system. The FRAM model can express the interaction between different functions of the system. The number and probability of this interaction may differ from function to function, and the bias may lead to an accident. So, in this research, it aims at supporting factor analysis of unexpected events by FRAM by quantifying and analyzing FRAM model by model checking tool PRISM which can handle probability. The method of converting FRAM model to PRISM model and the behavior of FRAM model are verified quantitatively through PRISM model.
キーワード (和) FRAM / PRISM / モデル検査「 / / / / /  
(英) FRAM / PRISM / Model Checking / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 56, KBSE2019-8, pp. 49-56, 2019年5月.
資料番号 KBSE2019-8 
発行日 2019-05-17 (KBSE, SWIM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SWIM KBSE  
開催期間 2019-05-24 - 2019-05-25 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) デジタルエコノミーとインタプライズ,知能ソフトウェアエンジニアリング,他一般, 学生 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 KBSE 
会議コード 2019-05-SWIM-KBSE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 確率的モデル検査器を用いたFRAM支援手法の試案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Proposal of FRAM Support Method using Probabilistic Model Checker 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) FRAM / FRAM  
キーワード(2)(和/英) PRISM / PRISM  
キーワード(3)(和/英) モデル検査「 / Model Checking  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 青木 善貴 / Yoshitaka Aoki / アオキ ヨシタカ
第1著者 所属(和/英) 日本ユニシス株式会社 (略称: NUL)
Nihon Unisys, Ltd. (略称: NUL)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小形 真平 / Shinpei Ogata / オガタ シンペイ
第2著者 所属(和/英) 信州大学 (略称: 信州大)
Shinshu University (略称: Shinshu Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-05-25 09:45:00 
発表時間 45 
申込先研究会 KBSE 
資料番号 IEICE-KBSE2019-8,IEICE-SWIM2019-8 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.56(KBSE), no.57(SWIM) 
ページ範囲 pp.49-56 
ページ数 IEICE-8 
発行日 IEICE-KBSE-2019-05-17,IEICE-SWIM-2019-05-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会