電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-05-24 10:30
PMOによるプロジェクト管理技術の伝承方式 ~ PBL法を用いたPMへの技術伝承 ~
林 章浩SIST
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) システム開発を行う組織において,プロセス改善の活動が重要であることは広くり認識されている.そのツールとしてCMMI(Capability Maturity Model Integration)を利用し,成熟度レベル3の達成を目標として活動している.しかしながらその活動が一段落すると,それまで投入してきた間接部門のリソースが不要となるため,PMO(Project Management Office)として役割を残すことが多い.しかしながら,CMMI活動を終えた後のPMOとしての役割が具体的に提案されておらず,その本来の目的が果たせていないことが多い.本研究では,最初にCMMIレベルの活動を終えた会社の事例を用いて,PMOが社内で担っている役割を概観する.その事例の問題点を指摘した上で,社内コンサルティングとしてプロセス改善の役割とプロジェクト管理者へ技術伝承の方式を提案する.この提案方式を実際の開発現場に適用してみたところ,PMの自律的改善の実施,再利用率の向上などで本提案方式が有効であるという見通しを得た. 
(英) It is widely recognized that process improvement activities are important in organizations that develop systems. Using CMMI (Capability Maturity Model Integration) as the tool, we are working with the goal of achieving maturity level 3. However, if the activity breaks down, the resources of the indirect department, become unnecessary, so it often remains as a PMO (Project Management Office). However, the role as PMO after finishing CMMI activities has not been specifically proposed, and in many cases the original purpose has not been achieved. In this research, we use the case of the company that finished the CMMI level activities first, and outline what role the PMO plays in the company. After pointing out the problems in that case, we propose the role of process improvement and the method of transferring technology to the project manager as in-house consulting. When this proposed method is applied to actual development sites, it is expected that the proposed method will be effective in improvement of the reuse rate and implementation of autonomous improvement of PM.
キーワード (和) CMMI / プロジェクトマネジメントオフィス / 技術伝承 / / / / /  
(英) CMMI / Project Management Office / Knowledge Transfer / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 57, SWIM2019-1, pp. 1-8, 2019年5月.
資料番号 SWIM2019-1 
発行日 2019-05-17 (KBSE, SWIM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SWIM KBSE  
開催期間 2019-05-24 - 2019-05-25 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) デジタルエコノミーとインタプライズ,知能ソフトウェアエンジニアリング,他一般, 学生 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SWIM 
会議コード 2019-05-SWIM-KBSE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) PMOによるプロジェクト管理技術の伝承方式 
サブタイトル(和) PBL法を用いたPMへの技術伝承 
タイトル(英) Transfer Method of Project Management Technology by PMO 
サブタイトル(英) Knowledge Transfer to PM using PBL method 
キーワード(1)(和/英) CMMI / CMMI  
キーワード(2)(和/英) プロジェクトマネジメントオフィス / Project Management Office  
キーワード(3)(和/英) 技術伝承 / Knowledge Transfer  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 林 章浩 / Akihiro Hayashi / ハヤシ アキヒロ
第1著者 所属(和/英) 静岡理工科大学 (略称: SIST)
Shizuoka Institute of Science and Technology (略称: SIST)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-05-24 10:30:00 
発表時間 45 
申込先研究会 SWIM 
資料番号 IEICE-KBSE2019-1,IEICE-SWIM2019-1 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.56(KBSE), no.57(SWIM) 
ページ範囲 pp.1-8 
ページ数 IEICE-8 
発行日 IEICE-KBSE-2019-05-17,IEICE-SWIM-2019-05-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会