電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-05-24 15:20
トーラス型connected-(r,s)-out-of-(m,n):Fシステムのシステム信頼度算出方法
中村太信山本久志首都大東京)・秋葉知昭千葉工大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本稿はトーラス型connected-(r,s)-out-of-(m,n):Fシステムに注目する.このシステムはコンポーネントがトーラス状に配置されており,r行s列の長方形内のコンポーネントがすべて故障するとシステム故障となるシステムである.このシステムは,円状高速加速器システムのシンクロトロンの加速実験における磁場発生器などの信頼度評価に適用可能であると考えられる.本稿の目的は,トーラス型connected-(r,s)-out-of-(m,n):Fシステムの信頼度を効率的に算出するアルゴリズムを提案することである.数値実験により,提案アルゴリズムと全数列挙法との比較を行い,提案アルゴリズムの有効性を確認する.更に,提案アルゴリズムを用いて,トーラス型connected-(r,s)-out-of-(m,n):FシステムのBirnbaum重要度を与える. 
(英) This paper focuses on a toroidal connected-(r,s)-out-of-(m,n):F lattice system. The components in this system are deployed in a toroidal structure, and this system fails if and only if the system has an (r,s) sub-matrix where all components fail. It might be used to evaluate the reliability of the high-speed electron accelerator system. The purpose of this paper is to develop an algorithm for efficiently computing the reliability of the toroidal connected-(r,s)-out-of-(m,n):F lattice system. The numerical experiment demonstrated the superiority of the proposed algorithm compared with the exhaustive enumeration method. Furthermore, we provide Birnbaum importance for the toroidal connected-(r,s)-out-of-(m,n):F lattice system by the proposed algorithm as a numerical example.
キーワード (和) トーラス型connected-(r,s)-out-of-(m,n):Fシステム / システム信頼度評価 / 再帰アルゴリズム / Birnbaum重要度 / / / /  
(英) toroidal connected-(r,s)-out-of-(m,n):F lattice system / system reliability evaluation / recursive algorithm / Birnbaum importance / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 54, R2019-6, pp. 29-34, 2019年5月.
資料番号 R2019-6 
発行日 2019-05-17 (R) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 R  
開催期間 2019-05-24 - 2019-05-24 
開催地(和) 愛知工業大学 本山キャンパス 
開催地(英) Aichi Institute of Technology, Motoyama Campus 
テーマ(和) ソフトウェアの信頼性, 信頼性一般 
テーマ(英) Software Reliability, Overall reliability engineering 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 R 
会議コード 2019-05-R 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) トーラス型connected-(r,s)-out-of-(m,n):Fシステムのシステム信頼度算出方法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Efficient method for computing the reliability of the toroidal connected-(r,s)-out-of-(m,n):F lattice system 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) トーラス型connected-(r,s)-out-of-(m,n):Fシステム / toroidal connected-(r,s)-out-of-(m,n):F lattice system  
キーワード(2)(和/英) システム信頼度評価 / system reliability evaluation  
キーワード(3)(和/英) 再帰アルゴリズム / recursive algorithm  
キーワード(4)(和/英) Birnbaum重要度 / Birnbaum importance  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 太信 / Taishin Nakamura / ナカムラ タイシン
第1著者 所属(和/英) 首都大学東京 (略称: 首都大東京)
Tokyo Metropolitan University (略称: Tokyo Met. Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 久志 / Hisashi Yamamoto / ヤマモト ヒサシ
第2著者 所属(和/英) 首都大学東京 (略称: 首都大東京)
Tokyo Metropolitan University (略称: Tokyo Met. Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 秋葉 知昭 / Tomoaki Akiba / アキバ トモアキ
第3著者 所属(和/英) 千葉工業大学 (略称: 千葉工大)
Chiba Institute of Technology (略称: Chiba Inst. of Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-05-24 15:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 R 
資料番号 IEICE-R2019-6 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.54 
ページ範囲 pp.29-34 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-R-2019-05-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会