電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-05-24 09:00
遠距離・近距離における多段階瞬き動作認証
中野真理子德永律子内田葉子杉村大輔津田塾大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本稿では,人物の瞬き動作を用いた個人認証手法について検討する.瞬き動作を用いた個人認証手法についてこれまでいくつかの手法が提案されている.しかしながら,カメラと被験者の距離が遠くなるとその認証性能が低下する.これに加え,認証すべき人物の数(ギャラリー)が大きくなると,認証性能は低下する問題がある.これに対し提案手法では,遠距離において最終的な識別を行うのではなく,遠距離・近距離における多段階識別を行う.まず,低解像度で撮影される遠距離での瞬き動作より取得した大局的な特徴を用いて,瞬き動作が大まかに類似したグループ単位での識別を行う.次に,近距離での瞬き動作より取得した詳細な特徴を用いることで,遠距離において識別されたグループ内において個人認証を行う.遠距離におけるグループ単位での認証を行うことで,近距離での個人認証においてギャラリーのサイズを限定することができる.これにより,最終的な瞬き認証性能の向上が期待できる.実際に撮影した動画像を用いた評価実験より,提案システムの認証性能を確認した.また,動画像の解像度と目の動きが個人認証率に与える影響について検証した. 
(英) We propose a method for person identification using blink motion features. Previous methods are difficult to achieve a person identification with accuracy in a long distance from the camera. Furthermore, the classification accuracy decreases as the number of subjects to be identified increases. To address these problems, our method performs hierarchical classifications in short and long distances. We first perform a group-level identification using roughly-discriminative features in blink motions taken in a long distance. We then identify a person in the group using fine blink motion features taken in a short distance. Our hierarchical approach improves the performance of the person identification because the number of
candidates can be reduced by our group-level classification. Experiments using blink motion videos taken by ourselves demonstrate the effectiveness of the proposed method. Furthermore, we investigate influences of video spatial resolutions and eye fixations for the performance of the person identification.
キーワード (和) 個人認証 / 瞬き動作 / 多段階識別 / / / / /  
(英) Person identification / Blink motion / Hierarchical classification / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 50, IE2019-7, pp. 29-32, 2019年5月.
資料番号 IE2019-7 
発行日 2019-05-16 (SIP, IE, MI) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SIP MI IE  
開催期間 2019-05-23 - 2019-05-24 
開催地(和) 名古屋工業大学 
開催地(英)  
テーマ(和) 医療・介護・福祉・健康・スポーツのための信号・画像解析と理解 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IE 
会議コード 2019-05-SIP-MI-IE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 遠距離・近距離における多段階瞬き動作認証 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Hierarchical Personal Identification in Short and Long Distance using Blink Motion Features 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 個人認証 / Person identification  
キーワード(2)(和/英) 瞬き動作 / Blink motion  
キーワード(3)(和/英) 多段階識別 / Hierarchical classification  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中野 真理子 / Mariko Nakano / ナカノ マリコ
第1著者 所属(和/英) 津田塾大学 (略称: 津田塾大)
Tsuda University (略称: Tsuda Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 德永 律子 / Ritsuko Tokunaga / トクナガ リツコ
第2著者 所属(和/英) 津田塾大学 (略称: 津田塾大)
Tsuda University (略称: Tsuda Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 内田 葉子 / Yoko Uchida / ウチダ ヨウコ
第3著者 所属(和/英) 津田塾大学 (略称: 津田塾大)
Tsuda University (略称: Tsuda Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 杉村 大輔 / Daisuke Sugimura / スギムラ ダイスケ
第4著者 所属(和/英) 津田塾大学 (略称: 津田塾大)
Tsuda University (略称: Tsuda Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-05-24 09:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IE 
資料番号 IEICE-SIP2019-7,IEICE-IE2019-7,IEICE-MI2019-7 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.49(SIP), no.50(IE), no.51(MI) 
ページ範囲 pp.29-32 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-SIP-2019-05-16,IEICE-IE-2019-05-16,IEICE-MI-2019-05-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会