電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-05-24 10:35
秘密分散法を用いた画像の秘匿検索
ムハンマド カマル アフマド アクマル アミヌディン岩村恵市東京理科大IT2019-9 EMM2019-9
抄録 (和) 秘密分散法を用いた秘匿計算(TUS2方式)を利用し,検索者が正当な部分画像を持つ場合のみ,オーナが保存した元画像を復元できる画像検索法はAminuddinらによって提案されている.ただし,この方式は,攻撃者による複数回の検索・復元に対して,画像の画素値が漏洩するという問題がある.これは,例えば各画素を8ビットで表すと,攻撃者は元画像の画素値を知ろうとするとき,任意の画素値(0~255)を入力し,検索・復元処理を最大256回繰り返せば,画素値が漏洩するという問題である.さらに,Aminuddinらの画像の検索法では,秘匿減算を行なう際に,複数回の乱数の分散・復元により,計算量が多くなり,全体の処理速度が従来の秘密分散法よりも遅くなってしまうという問題がある.そこで本論文では,複数個の画素を同時に検索できる手法を検討し,画素値の候補数を十分大きくすることにより,攻撃者による複数回の検索・復元の攻撃に対処することができ,かつ乱数の分散・復元処理を減らす手法を検討し,より効率的な画像の秘匿検索法を提案する. 
(英) Using the method of secrecy computation based on secret sharing scheme, Aminuddin et al. had introduced an image searching protocol, where only the permitted user with the correct partial image is allowed to perform image searching over a set of encrypted images. However, this method is not secure when the searching protocol is performed multiple times. This is because the method proposed by Aminuddin et al. only allowed for searching to be performed pixel by pixel. For example, if each pixel is represented by 8 bit of binary numbers, the attacker could learn about the value of a single pixel through brute-force attack over 256 different number of pixels (0~255). In addition, the method by Aminuddin et al. require multiple computation of distribution and recombination of using Shamir’s secret sharing scheme which lead to increase of overall computation cost compare to conventional method of searching using secret sharing scheme. Therefore, in this paper, we introduce a new method of searching using multiple number of pixels at the same time to eliminate the problem where the attacker could learn about the value of pixel through brute-force attack. Moreover, we also reduce the number of distribution and recombination required throughout the protocol thus realizing a faster and more efficient method of image searching.
キーワード (和) 秘密分散 / 画像検索 / 秘匿計算 / / / / /  
(英) Secret Sharing / Image Searching / Secrecy Computation / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 48, EMM2019-9, pp. 43-48, 2019年5月.
資料番号 EMM2019-9 
発行日 2019-05-16 (IT, EMM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IT2019-9 EMM2019-9

研究会情報
研究会 EMM IT  
開催期間 2019-05-23 - 2019-05-24 
開催地(和) 旭川市国際会議場 
開催地(英) Asahikawa International Conference Hall 
テーマ(和) 情報セキュリティ,情報理論,情報ハイディング,一般 
テーマ(英) Information Security, Information Theory, Information Hiding, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EMM 
会議コード 2019-05-EMM-IT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 秘密分散法を用いた画像の秘匿検索 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Searchable Image Encryption using Secret Sharing Scheme 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 秘密分散 / Secret Sharing  
キーワード(2)(和/英) 画像検索 / Image Searching  
キーワード(3)(和/英) 秘匿計算 / Secrecy Computation  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) ムハンマド カマル アフマド アクマル アミヌディン / Mohd Kamal Ahmad Akmal Aminuddin / ムハンマド カマル アフマド アクマル アミヌディン
第1著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo University of Science)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩村 恵市 / Iwamura Keiichi / イワムラ ケイイチ
第2著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo University of Science)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-05-24 10:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 EMM 
資料番号 IEICE-IT2019-9,IEICE-EMM2019-9 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.47(IT), no.48(EMM) 
ページ範囲 pp.43-48 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IT-2019-05-16,IEICE-EMM-2019-05-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会