電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-05-24 14:30
遅れ保全を考慮した社会インフラストラクチャの最適保全方策
伊藤弘道岸田 巧鳥取大)・中川覃夫愛知工大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 現在我が国のインフラのサービスレベルの維持は,重要な課題である.経済の低成長による財政難・人口減少や高齢化による作業者減少等各種の制約下にあっても道路・橋梁・護岸施設等の社会インフラストラクチャは維持しなければならない.インフラ整備では,予算の制限により当該年度に保全を実施できず,次年度に保全時期を移動せざるをえない場合がある.ここでは,遅れ保全を考慮したインフラの最適保全方策を論じる. 
(英) Today, the maintenance of various kinds of infrastructures are important and difficult issue because the national budget is strict and Japanese population is decreasing and aging.
Infrastructures which are needed to undergo preventive maintenance may be prolonged to next year because maintenance works are performed by local governments and their budget for maintenance is determined at the start of fiscal year.
In this paper, we consider optimal maintenance policies considering Maintenance Delay.
キーワード (和) インフラストラクチャ / 保全 / 最適方策 / 累積ダメージ / / / /  
(英) Infrastructure / maintenance / optimal policy / cumulative damage / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 54, R2019-4, pp. 17-22, 2019年5月.
資料番号 R2019-4 
発行日 2019-05-17 (R) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 R  
開催期間 2019-05-24 - 2019-05-24 
開催地(和) 愛知工業大学 本山キャンパス 
開催地(英) Aichi Institute of Technology, Motoyama Campus 
テーマ(和) ソフトウェアの信頼性, 信頼性一般 
テーマ(英) Software Reliability, Overall reliability engineering 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 R 
会議コード 2019-05-R 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 遅れ保全を考慮した社会インフラストラクチャの最適保全方策 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Optimal Maintenance Policy of Social Infrastructures considering Maintenance Delay 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) インフラストラクチャ / Infrastructure  
キーワード(2)(和/英) 保全 / maintenance  
キーワード(3)(和/英) 最適方策 / optimal policy  
キーワード(4)(和/英) 累積ダメージ / cumulative damage  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 弘道 / Kodo Ito / イトウ コウドウ
第1著者 所属(和/英) 鳥取大学 (略称: 鳥取大)
Tottori University (略称: Tottori Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 岸田 巧 / Takumi Kishida / キシダ タクミ
第2著者 所属(和/英) 鳥取大学 (略称: 鳥取大)
Tottori University (略称: Tottori Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 中川 覃夫 / Toshio Nakagawa / ナカガワ トシオ
第3著者 所属(和/英) 愛知工業大学 (略称: 愛知工大)
Aichi Institute of Technology (略称: Aichi Institute of Technology)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-05-24 14:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 R 
資料番号 IEICE-R2019-4 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.54 
ページ範囲 pp.17-22 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-R-2019-05-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会