電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-05-23 14:00
HOG特徴量抽出のための空間情報を保持するプライバシー保護画像の生成
北山昌希貴家仁志首都大東京
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本稿では,画像の視覚的な情報を保護すると同時に,
画像の各画素が持つ空間的な輝度勾配方向情報を保持する画像の生成法を提案する.
さらにその画像(プライバシー保護画像)からHistogram-of-Oriented-Gradients (HOG)特徴量を抽出する方法を提案し,
その特徴量を機械学習へ適用する.
提案されるプライバシー保護画像生成法は,暗号鍵を用いない非可逆的な変換である.
これにより,秘密鍵の使用を前提とする従来の可逆的な画像保護方式とは異なり,
秘密鍵の安全な管理や配送を考慮する必要がない.
さらに,準同型暗号に基づく方法が持つ,
計算量の膨大化の課題を解決することができる.
本稿では,プライバシー保護画像の新しい生成法に加え,その画像から効率的にHOG特徴量を抽出する方法についても考察する.
最後に,HOG特徴量を用いたサポートベクターマシンに基づく顔認証実験を実行し,提案法の有効性を確認する. 
(英) In this paper, we propose a generation method of images which have no visual information but hold the gradient direction information of the original images.
Then we propose an extraction method of Histogram-of-Oriented-Gradients (HOG) features from the images (privacy-preserved images), and apply the features to machine learning algorithms.
The proposed generation method of privacy-preserved images is an irreversible method without any encryption keys.
Thereby, unlike conventional reversible methods to protect visual information by using encryption keys,
the proposed method does not need to consider secure management and transfer of the encryption keys.
Moreover, the proposed method solves the huge culculation cost problem that conventional methods based on homomorphic encryption have.
In this paper, in addition to a novel generation method of privacy-preserved images,
an effective method of extracting HOG features from the images is also considered.
In an experiment, a face classification task is carried out under the use of support vector machine with the HOG features to confirm the effectiveness of the proposed method.
キーワード (和) 暗号化 / 画像のプライバシー保護 / 機械学習 / HOG特徴量 / / / /  
(英) encryption / privacy-preserving / machine learning / HOG features / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 48, EMM2019-1, pp. 1-6, 2019年5月.
資料番号 EMM2019-1 
発行日 2019-05-16 (IT, EMM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 EMM IT  
開催期間 2019-05-23 - 2019-05-24 
開催地(和) 旭川市国際会議場 
開催地(英) Asahikawa International Conference Hall 
テーマ(和) 情報セキュリティ,情報理論,情報ハイディング,一般 
テーマ(英) Information Security, Information Theory, Information Hiding, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EMM 
会議コード 2019-05-EMM-IT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) HOG特徴量抽出のための空間情報を保持するプライバシー保護画像の生成 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Generation of privacy-preserving images holding positional information for HOG feature extraction 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 暗号化 / encryption  
キーワード(2)(和/英) 画像のプライバシー保護 / privacy-preserving  
キーワード(3)(和/英) 機械学習 / machine learning  
キーワード(4)(和/英) HOG特徴量 / HOG features  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 北山 昌希 / Masaki Kitayama / キタヤマ マサキ
第1著者 所属(和/英) 首都大学東京 (略称: 首都大東京)
Tokyo Metropolitan University (略称: Tokyo Metro. Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 貴家 仁志 / Hitoshi Kiya / キヤ ヒトシ
第2著者 所属(和/英) 首都大学東京 (略称: 首都大東京)
Tokyo Metropolitan University (略称: Tokyo Metro. Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-05-23 14:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 EMM 
資料番号 IEICE-IT2019-1,IEICE-EMM2019-1 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.47(IT), no.48(EMM) 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IT-2019-05-16,IEICE-EMM-2019-05-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会